仮想通貨自動取引ボットを作ってみました



Raspberry Pi3を使って、仮想通貨(ビットコイン)を自動で取引するボットを作っています。バイクに搭載する時に勉強したプロセスのデーモン化(自動起動と異常停止した時の再起動)や、Blynkによる遠隔操作技術を目一杯使ってます。

2018-06-22-075023_1184x624_scrot.jpg

ボットは10個のプログラム(プロセス)が組み合わさってできています。

1. メインプログラム:ZaifのストリームAPIから相場情報をリアルタイムに受信し、移動平均(MA)とMACD (テクニカル指標のひとつで、相場の上がり下がりに連動する数値)を計算する。

2. 現在の資産額を計算するプログラム

3. 信用取引情報を取得するプログラム

4. 現物取引プログラム

5. 信用取引プログラム(売り順張、買い順張、売り逆張、買い逆張りの4つ)

6. 取引キャンセルプログラム

7. Blynkコントローラー

これらを使って、下がったら買う、上がったら売るをひたすら繰り返すだけです。資産や取引の状況はiPhoneやiPadで確認できます。信用取引は4つのプロセスが役割分担しており、特定のプロセスだけ落とすことも可能です。ばらばらにしておくとデバッグも楽になります。

IMG_0288.jpg

しかし、実際に取引をさせてみると、まったく思うように動きません。最近ようやく少しずつ稼げるようになったかな、、と思ったら、、、

yakenohara.jpg

これまでの苦労が水の泡になって、蒸発して、カリカリに焼かれてしまいます。それでも、なんとかギリギリ形にはなったし、勉強したことがちゃんと数字として返ってくるのが楽しくて、少しずつ改良しながらやってます。

IMG_7213.jpg

Raspberry Pi3は普通のUSB電源だと落ちるので、PCから5Vを直接引き出しています。バッテリー冷却のためプラズマクラスターの小さいやつに乗っけてみました。プラズマで誤動作などはしないようです。

top.png

連続稼働11日間達成。すべてのプロセスをsystemctl化してデーモン化。エラーで止まっても自動で再起動します。Blynkを使って現物、信用売買の操作をiPhoneやiPadからリモートでできますが、めんどくさいのでボット任せ。パラメータ設定もいい加減なので、相変わらず資産が少しずつ減っていく仕様です。休日など、ひがな一日ボットとにらめっこしていると、バグが見つかったり、新しいアルゴリズムを思いついたり。これは結構楽しいぞ。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Youtube Live
走りながら動画配信をやっています。まだまだ修行中。
モナゲ用QRコード
Mona相場
モナコインを応援しています!
天気予報
高速道路検索
プロフィール

habingovt

Author:habingovt
バイク(RZ250R&SDR)をおりて二十余年。仕事で体調を崩したときに、ともだちからVT250Fというバイクを譲り受けました。4半世紀を生き抜いてきたバイクにまたがり、ふたたび走り始めたら、なんだかだんだん楽しくなって、バイクも自分も元気になってきました。目標は、また北海道を自由に走り回ること。いつ倒れるかも分かりませんが、生暖かい目で見守ってやってください。

リンク
最新記事
軍艦島 Jul 30, 2018
木曽路ツーリング Jul 23, 2018
仮想通貨自動取引ボットを作ってみました Jul 19, 2018
MOS-FETレギュレータへ換装 Jul 14, 2018
あじさいロード Jul 01, 2018
東白川村仮想通貨イベント Jun 17, 2018
金山の巨石群と岩屋ダムカレー May 05, 2018
新緑の星宮神社の先へ Apr 29, 2018
春の池田山ツーリング Apr 20, 2018
目指せ北海道ライブ(関市洞戸の桜巡り) Apr 01, 2018
最新コメント
Thanks for Visiting
カテゴリ別
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSリンク