横長LEDプロジェクターランプ(コードネーム:サイクロプス)制作(その2)

DSCF6365.jpg

とりあえず、カバーをつけてみました(100均の自動車用ゴミ箱)。見た目がX-menのサイクロプスみたいだったので、コードネーム:サイクロプス。

DSCF6379.jpg

スリットの一番奥に、発光ユニットが収まっています。隙間はとりあえず100均の黒フェルトで覆って、ホコリの侵入と乱反射を防いでいます。水?知らない子ですね。

DSCF6375.jpg
DSCF6381.jpg

発熱が結構あるため、そこらに落ちていた薄型ファンを装着しました。ファン無しだと室温30℃で60℃くらいまで上がっちゃいます。ファンがあれば45℃前後。この状態で12Vをかけて、電流値は1.33A。14Vかかっても20W行かないくらいの省電力設計。

DSCF6358.jpg

カバーをつけたおかげで、余計な方向には光が行かないようになっていますが、対向車への幻惑や、歩行者への迷惑なども考えて、2段階点灯方式を採用。普段は中央の2灯のみ点灯(デイライト)で、ハイビームで4灯全部という感じ。カバーは着脱式で、はずすととんでもないことになるところも、X-menのサイクロプスのオマージュです(謎)。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

habingovt

2ストバイク(RZ250R&SDR)をおりてから二十余年。仕事で体調を崩したときに、友人からVT250Fというバイクを譲り受けました。4半世紀を生き抜いてきたバイクにまたがり、ふたたび走り始めたら、なんだかだんだん楽しくなって、バイクも自分も元気になってきました。目標は、YouTubeライブをしながら北海道を自由に走り回ること。いつ倒れるかも分かりませんが、生暖かい目で見守ってやってください。Twitter & tipmona @habingofit