横長LEDプロジェクターランプ(コードネーム:サイクロプス)制作(その1)

DSCF6322.jpg

丸目2灯のLEDプロジェクターランプを引き継ぐものとして、同じようなのを作っても仕方ないので、読書用のかまぼこレンズを使った横長のものを作ることにしました。LEDは定格10Wのものを4個使います。秋月で1個約1000円。

DSCF6338.jpg

最初は、前回と同じセメント抵抗を使ってみましたが、12Vかけて300mA流れたところでかなり熱くなりました。実車で14Vかかると、この倍の電流が流れます。そこで安全策として、CCR素子を使うことにしました。1素子で350mAの定電流を得られます。しかも超小型。

DSCF6336.jpg

前回リフレクターを流用したおもちゃみたいな100均ランタンがもうなかったので、こんな感じのおもちゃみたいなキラキラリフレクターを使ってみました。サイズと焦点距離がピッタリ合ったので。

DSCF6335.jpg

キラキラリフレクターとかまぼこレンズを組み合わせてテスト点灯。

DSCF6331.jpg

散乱光は多いですが、上下方向の集光は悪くないです。パワーLEDが2列3段に配置されているので、このように焦点が合うと3本の明るい筋として見えます。(次回に続く)



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

habingovt

2ストバイク(RZ250R&SDR)をおりてから二十余年。仕事で体調を崩したときに、友人からVT250Fというバイクを譲り受けました。4半世紀を生き抜いてきたバイクにまたがり、ふたたび走り始めたら、なんだかだんだん楽しくなって、バイクも自分も元気になってきました。目標は、YouTubeライブをしながら北海道を自由に走り回ること。いつ倒れるかも分かりませんが、生暖かい目で見守ってやってください。Twitter & tipmona @habingofit