プロジェクターランプ取り外し

DSCF6305 (1)

初代のLEDプロジェクターランプを制作してからはや3年。片目になっても、デイライトや夜間の補助ランプとして、ずっと活躍し続けていました。正直こんなに長持ちするとは思ってなかったです。

DSCF6301.jpg

明るさが半減したと言っても、12WのパワーLED。しかし、プラスチックパーツや接着剤の劣化が進み、接触も悪くなって、レンズ部を触るとちらつくことも。

最近では、安価でそこそこ性能の良いLEDランプが市販されるようになってきているようで、それを買うというのありかなと考えました。しかし、パワーLED自体のパーツ価格も下がってきているし、何よりも買うより作った方が楽しい!そこで思い切って、次世代LEDプロジェクターの制作にとりかかることにしました(次回に続く)。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

habingovt

2ストバイク(RZ250R&SDR)をおりてから二十余年。仕事で体調を崩したときに、友人からVT250Fというバイクを譲り受けました。4半世紀を生き抜いてきたバイクにまたがり、ふたたび走り始めたら、なんだかだんだん楽しくなって、バイクも自分も元気になってきました。目標は、YouTubeライブをしながら北海道を自由に走り回ること。いつ倒れるかも分かりませんが、生暖かい目で見守ってやってください。Twitter & tipmona @habingofit