キーシリンダー分解清掃

DSCF5935.jpg

ようやく煙が出た場所を特定できました。きっかけは、キーのひねり具合でニュートラルランプやオイルランプの明るさが変わることに気づいたこと。キーシリンダー内の接触があやしい。シリンダーを外すためには、この配電盤から大きい方の茶色と、小さい黒のコネクタを引き抜きます。

DSCF5941.jpg

すでにプラスチックの蓋はもろくなっていて、開けただけでバキバキ割れていきます。配線裏のハンダも半分溶けて一部はずれていました。これが煙の原因でしょう。

DSCF5938.jpg

あまり使われないパーキングの接点(上)には緑青が発生し、左下のイグニッション接点など、ほかも茶色く汚れています。ハンダが溶けていたのは2つ並んでいるバッテリーから直結している接点の裏。すべてヤスリで銅の色が出るまで磨きました。

DSCF5947.jpg

割れてしまったケースはアルミテープで補強しつつ、タイラップで固定です。

DSCF5953.jpg

ついでにメーターもきれいにして、本体への組付けを待ちます。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

habingovt

2ストバイク(RZ250R&SDR)をおりてから二十余年。仕事で体調を崩したときに、友人からVT250Fというバイクを譲り受けました。4半世紀を生き抜いてきたバイクにまたがり、ふたたび走り始めたら、なんだかだんだん楽しくなって、バイクも自分も元気になってきました。目標は、YouTubeライブをしながら北海道を自由に走り回ること。いつ倒れるかも分かりませんが、生暖かい目で見守ってやってください。Twitter & tipmona @habingofit