デジタルバキュームゲージの車載

DSCF5505.jpg

前回までブレッドボードで動作させていたデジタルバキュームゲージを、ユニバーサル基板に移植しました。車載して、走行時も表示させようという目論見です。チューブも緑色の耐ガソリンチューブに交換。

DSCF5502.jpg

OLEDディスプレーは、直接基板に挿すこともできますが、Ethernetケーブルを介してディスプレーのみスクリーン裏に持ってこれるようにしました。この方式は設置の自由度が高いのと、振動で壊れまくるOLEDディスプレーを交換するのが楽なのです。

DSCF5512.jpg

ここまでは順調だったのですが、ケーブルが長すぎたのか、エンジンをかけると表示にノイズが走ります(実はこの時すでに断線しかかっていた模様)。また、どうも後バンクの負圧の表示が安定しないうえ、アイドリングも不安定。調べてみると、ホースを負圧コックと負圧ゲージに分割するために使っていた金属のコック(金魚用)からエアーがリークしているようです。内部にゴムパッキンが入っていて、ガソリン蒸気でやられてしまったらしい。こうなると圧が正確に測れないどころか、外気を吸い込んでしまって、エンジンも安定しないわけです。

とりあえず、すべてもとに戻して、オール金属でできた三叉を探してみます。



(2016年8月9月追記)

IMG_0822.jpg
DSCF6562.jpg

その後、金属の三又を使って、配管を再固定/設置しました。グリーンの燃料チューブのガソリン耐性は問題ないようですが、インマニからオイルを含んだガスが出てくる上に、かなり熱くなるので、定期交換はしたほうが良いかも。

DSCF6576.jpg

チューブをカウル内のポーチに引き込んで、電源は専用のUSB電源をカウル内に増設。コネクタとフェルトのフィルターをかませて、センサーにガソリンがあまり入らないように保護しました。ダンピング作用も少しあります。

DSCF6547_20160922141255a47.jpg

新しいOLEDディスプレーに表示。フォントもきれいにしてみました。

負圧計は、アクセルを開けると下がり、閉じると上がり、エンジンブレーキでさらに上がります。走りながら吸気の状態が見えるので、エンジンの調子がよくわかります。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

habingovt

2ストバイク(RZ250R&SDR)をおりてから二十余年。仕事で体調を崩したときに、友人からVT250Fというバイクを譲り受けました。4半世紀を生き抜いてきたバイクにまたがり、ふたたび走り始めたら、なんだかだんだん楽しくなって、バイクも自分も元気になってきました。目標は、YouTubeライブをしながら北海道を自由に走り回ること。いつ倒れるかも分かりませんが、生暖かい目で見守ってやってください。Twitter & tipmona @habingofit