VTさんにもういちどしゃべってもらうことにしました



昨年くらいに、一度諦めていたしゃべるVT250FE計画を、再び始動しました。AquesTalk picoと振動スピーカー「バイブロイ」を組み合わせた基板とArduinoを接続し、さらにSPIでOLEDディスプレーを接続し、画面表示と同時にしゃべらせる仕組みです。前回は画面表示とおしゃべりという2つの重い動作をI2Cで同時にやろうとして失敗したので、今回は画面表示をより軽いSPIに移動。

OLEDドライバの内蔵フォントはコンパクトですが見た目があれなので、以前まとめて作ってあったピットマップ明朝体フォントを使用。今後、速度センサー、気温センサー、湿度センサーなどを取り付ける予定。燃料計兼トリップメーターもこちらに移動します。今回はあまり欲張らずに、バイクのスイッチを入れてエンジンをかけるまでの間のちょっとしたコミュニケーション程度にするつもりです。

これで、ぼっちツーリングも寂しくないぞ!

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

habingovt

2ストバイク(RZ250R&SDR)をおりてから二十余年。仕事で体調を崩したときに、友人からVT250Fというバイクを譲り受けました。4半世紀を生き抜いてきたバイクにまたがり、ふたたび走り始めたら、なんだかだんだん楽しくなって、バイクも自分も元気になってきました。目標は、YouTubeライブをしながら北海道を自由に走り回ること。いつ倒れるかも分かりませんが、生暖かい目で見守ってやってください。Twitter & tipmona @habingofit