初めてのヨーロッパ出張:ハンガリーデブレッツェン編

IMG_5486.jpg

さて、クラクフでの仕事を終え、次の目的地デブレッツェンへ移動です。仲間と一緒にマイクロバスをチャーターして車で移動。スロバキアを通って、ハンガリー国境を目指します。EUのなんちゃら条約で、国境では一切の検問がありません。ただし、高速道路料金は別なので、失敗すると罰金刑らしいです。ナビアプリも国外仕様にアップデートしました。

IMG_5506.jpg

ポーランドやスロバキアは山が多い印象でしたが、ハンガリーに入ったとたんに、広大な平原が広がります。ヒマワリやとうもろこしの畑が見渡す限り続いています。予定では5時間くらいで到着のはずが、途中で橋が工事中だったり、迂回したらなんだかよく分からないスキー場に入り込んだりしていて、結局8時間ほどかかりました。

IMG_5548.jpg
IMG_5524.jpg
IMG_5531.jpg

しかし、到着したホテルは古典的な内装を特徴としながら、カードキーやWiFi設備も完備した近代的仕様。窓からテラスに出ると中庭で、朝にはきれいな夜明けを見ることができました。朝食はバイキング。新鮮な野菜や、果物、ソーセージ、鳥のレバー煮込みなどが味わえました。

IMG_5545.jpg

これは、外のカフェテリアで食べた、フルーツの冷たいスープ。これコップで飲めばジュースじゃね?ってのは禁句です。

IMG_5562.jpg
IMG_5565.jpg
IMG_5588.jpg

デブレッツェンの中心には、巨大な2本の塔を持つ教会があります。何度か建て替えられるたびに形を変え、現在はこんな感じに。中に入って見学もでき、塔も両方とも昇れました。

IMG_5595.jpg
IMG_5591.jpg

途中まではリフトで上がれますが、塔には狭い階段を這うように登っていきます。塔の上からはデブレッツェンの町並みを見渡すことができ、実に爽快でした。風がかなり冷たかった。

IMG_5596.jpg

教会の裏手には、カレッジがあり、交渉すると図書館の中に入れてくれます。中には、たくさんの古い本と、ハンガリーを代表する画家さんの絵が飾ってありました。かなり前衛的。

次はいよいよブタベスト。最終目的地です。鉄道は難民でいっぱいだそうで、車で移動です。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

habingovt

2ストバイク(RZ250R&SDR)をおりてから二十余年。仕事で体調を崩したときに、友人からVT250Fというバイクを譲り受けました。4半世紀を生き抜いてきたバイクにまたがり、ふたたび走り始めたら、なんだかだんだん楽しくなって、バイクも自分も元気になってきました。目標は、YouTubeライブをしながら北海道を自由に走り回ること。いつ倒れるかも分かりませんが、生暖かい目で見守ってやってください。Twitter & tipmona @habingofit