フルカスタムメーターへの遠い道のり

Raspberry PiとArduinoを使って、カスタムメーターをつくろうと思いたち、いろいろと調べています。

USBケーブルでつなぐだけでシリアル通信ができるので、Arduinoにつないだセンサー情報を、Raspberry Piを使って表示するのはできそう。Raspberry PiにはPygameというPythonでグラフィックを表示するライブラリーがあり、簡単なメーターくらいなら作れるような気がします。

それにしても、こういうのを調べるにつけ、iPhoneの完成度の高さが身にしみます。iPhoneをはずしてカスタムメーターをつける気に、なかなかならない今日このごろ。

関連記事
スポンサーサイト

RasPi 本格始動

IMG_4614.jpg

部屋でメディアプレーヤーとして使っていたRaspberry Pi B+。そろそろ本格的に車載を考えています。まず、XBMCは格好は良いですけど、多機能すぎて年配者には使いづらいです。そこで、Adafruitの感圧式タッチパネルLCDと、専用カメラモジュールを買いました。GUIを自作して車載カメラにする予定。

IMG_4623.jpg

LCDこれが開発環境(?)です。1TBのハードディスクに入っている動画をプロジェクターで投影しています。PCケースに入れてあるのは、いろいろ冷却のため(笑)。しかし、タッチパネルをつけたら、やっぱりバイクに搭載してみたい気持ちが湧いてきてしまった、、、。次回は、Pythonを使ったArduinoとの連携について書いてみたいと思います。




関連記事

プレオにエアコンフィルターをつけてみた

花粉や黄砂がひどくなってきたので、プレオにエアコンフィルターをつけてみました。プレオに装着できるのはPMCのPC-804Bというものしか選択肢がありません。

下側のグローブボックスのピンを2本はずすと、グローブボックスがはずれ、エアコンフィルターユニットに到達できます。幅1センチ強のスリットが、プラスチックで塞がれているため、カッターナイフなどを使って切り取ります。バリが大きいとフィルター装着のときひっかかるので、そこそこきれいに。

スリットが開いたら、フィルターの爪が右にくるようにして、下から順番に一枚ずつフィルターをはめ込みます。爪がひっかかるところが無いですが、そこそこしっかり入っているので良いでしょう。

アマゾンのレビューには、活性炭が入っていないのを嘆く声が上がっていますけれど、安いので枠だけ使って抗菌タイプなど好きなフィルターと交換できると思います。でも、そのままでも、マスクをする以上の効果は十分にあると思います。




関連記事

Raspberry Piの車載

IMG_4522.jpg

Raspberry Piを購入して、メディアセンターにして遊んでいます。ただ、ネットの接続性が悪いとレスポンスが悪く不安定になるため、車載する場合はネット接続せずにスタンドアローンでの利用が良いと思います。

写真は、プレオのデカゴリラ(NV-HD830DT)に、自作のコンポジットビデオ&音声ケーブルでつないでみたところです。MicroSDカードに保存したビデオを表示させていますけれど、大容量のUSBスティックやSSDをつなぐこともできます。ただ、こうなるとUSBを介してのマウスやキーボードによる操作が非常にめんどくさい(笑)。Raspbmcとタッチスクリーンの組み合わせが理想なのでしょうが、Apple Watchを見てからはGPIOを使ったボタンとダイヤルによる操作というのもいいのではないかと、考え始めています。ぐりぐり回して選んでポチっとな。そういえば昔のiPodもグリグリポチでしたねー。






関連記事

ArduinoとApple Watch

いよいよ今夜、Apple Watchがリリースされます。アプリ開発者としては、興味が無いと言えば嘘になります。

今のところ、開発者サイドにオープンにされている事柄は、Apple WatchはiPhoneのアプリの一部として動き、情報を表示したり、簡単なメッセージをiPhoneに返したりできるということ。

それなら、今VTに積んでいるiPhoneとBluetooth接続されているArduinoの関係に近いのでは?と感じますが、最大の違いは、Apple Watchは直接肌に触れているということではないかと思うのです。

たとえば、VTと一体化しているiPhoneは、ライダーである僕がそばにいるかいないかによって、画面をロックしたり解除したり判断できるようになるでしょう。安全上の問題をクリアすれば、エンジンすらロックできます。iPhone側が危険の接近や、バイクの異常を感知したときには、視覚でも音でもなく、触覚を通じてライダーに知らせることもできますね。

それ以外にも、WiFiやGPSが搭載されていることで、いろいろと面白いことができそうです。

関連記事
ブログ内検索
ガソリン価格

gogo.gs
天気予報
高速道路検索
プロフィール

habingovt

Author:habingovt
バイク(RZ250R&SDR)をおりて二十余年。仕事で体調を崩したときに、ともだちからVT250Fというバイクを譲り受けました。4半世紀を生き抜いてきたバイクにまたがり、ふたたび走り始めたら、なんだかだんだん楽しくなって、バイクも自分も元気になってきました。目標は、また北海道を自由に走り回ること。いつ倒れるかも分かりませんが、生暖かい目で見守ってやってください。



@habingofit

リンク
最新記事
VT250Fで目指せ北海道ライブ(準備編) Jun 28, 2017
川浦(かおれ)渓谷 Jun 11, 2017
リヤブレーキチェック Jun 04, 2017
バイクるオアシスパークサンデー May 14, 2017
GW奥美濃ツーリング(到達!走行距離5万キロ) May 08, 2017
速度センサーの基板化 Apr 15, 2017
信楽経由桑名の多度大社参り Apr 10, 2017
下関ツーリング Apr 07, 2017
小倉散策雨模様 Apr 07, 2017
遂にHID化してしまいました Mar 25, 2017
最新コメント
カテゴリ別
Thanks for Visiting
Youtube Live
準備中
目指せ北海道ブログショップ
RSSリンク