クール革ジャン作ってみた

先日の四国ツーリングのときに、一部裏地を切り抜いてあった革ジャン。捨てるつもりでしたが、今日肩パッドのみ残して全部切り取りました。裏地はボロボロでしたが、革はまだしっかりしていましたので、前から考えていた背中冷却ポケットを作ろうと100均へ。

まず目についたものは、iPad mini用のスマホケース。これを取り付けるためのベルクロ2個も買いました。以前買ってあったやわらかい保冷剤も入れると合計で420円です。メッシュジャケットの100分の1。

IMG_2488_20130825153253835.jpg

iPadミニ用カバーは、保冷剤が丁度入る、手触りの良いものを選びました。ジッパー等固い部品がないやつです。

IMG_2490_20130825153254aed.jpg

ベルクロは粘着シール付き15cm幅。上のカバーと幅がぴったりあうやつ。

IMG_2487_20130825153251dd1.jpg

保冷剤は、凍っても硬くならずに、シャーベットになるやつです。背中に入れる予定なので、石のように硬いものだと危ないです。旅先では、ジップロックにクラッシュアイスでもいけるかも。

IMG_2492_20130825153256178.jpg

まず、 iPadカバーにベルクロのざらざらのほうを貼付けます。

IMG_2495_20130825153257e8c.jpg

革ジャンには、ふわふわのほうを。これでカバーをはずした状態でもちくちくしません。白いのは革ジャンにもともとついていた形状保持用のゴム。これがあると背中に風が入って蒸れないのです。

IMG_2497.jpg
IMG_2496.jpg

あとは、iPadカバーを取り付けて、中に保冷剤を入れれば完成〜♪背中がひんやりしてきもちいい。でもこの保冷剤だと炎天下ではもっても1時間くらいか。そう言えば、飲み物いれるので薄っぺらくなるやつがあったはず、、、



これです。幅もちょうど15cmで、背中に入れた飲み物を飲みながらのツーリングが可能になるかもしれない。お金に余裕ができたら買ってみます。たぶんうまくいく予感がします。

簡易のバックプロテクターにもなるし、冬にはここに使い捨てカイロを入れてもいい。もう無理かなと思っていた革ジャンが復活してちょっとうれしかったりします。

関連記事
スポンサーサイト

実消費電力25WのLEDプロジェクターランプ作ってみた

バイクでツーリングするとき困るのが、雨と夜。ハロゲンヘッドライトのVTで、夜の山道を走るのはとても怖い。HIDへの換装もずっと考えていましたが、ハロゲン用リフレクターとHIDランプの位置が合わなくて、逆に光が集まらず、むしろ暗くなる場合も。それじゃあLEDを使ってプロジェクターランプ作ってみようかなと。LEDランプはレクサスなどの高級車には採用されているけれど、バイクではまだまだマイナー。

IMG_2345.jpg

まず買ってきたのがこれ。100均のランプ。もちろんこれをつけて終わりという事はありませんよ。

IMG_2348.jpg

これが、秋葉原で買った一個4000円もするパワーLED。国内では6個の小さなLEDがパックされた10Wのものが安く売られていますが、これは1パーツに12個のLEDが詰め込まれているめずらしいタイプ。17Vまで電圧をかけても大丈夫らしいけど、そのまま信じてはいけないのが秋葉流。LEDの並列度が倍になっていると仮定して、回路を設計します。IFは10WLEDから類推すると、最大で2800mAまで流せそう。しかし安全をとって1Aくらいを目安にします。消費電力も15Wx2=30Wが限界でしょう。VF = 10Vは多分変わらないと思われるので、VTのレギュレータの最大電圧14.8Vを基準にし、10Vを引いた4.8Vで1A流す制限抵抗は4.8Ω。セメント抵抗で10W 4.3Ωというのがあったので、電源電圧降下を見越してこっちを使いました。10WLEDの定格以下で駆動するので、まず壊れることはない、、、はず。

IMG_2346.jpg

さっきの100均ランプを分解して、真ん中の反射板のみ使います。もともとLEDは指向性が強い光源ですが、パワーLEDはかなり広範囲(140度)に光が広がるので、反射板はあったほうがいいと思います。

IMG_2351.jpg

こうやって、LEDにかぶせて使います。穴の大きさも丁度いい。

IMG_2368.jpg

次に、ネットで売ってたアクリルルーペ。軽量化したかったのでガラスでなくこちらを。安かったし。

IMG_2372.jpg

ルーペにアルミテープを巻きます。これも多少集光効果あるはず。

IMG_2373.jpg

さっきの反射板にぺたぺたと。夏休みの宿題感が半端ないですね。

IMG_2376.jpg

LEDは2個買っちゃいました(テヘ)。その辺に落ちてた放熱版に、4.3Ωのセメント抵抗と一緒に、シリコン両面テープで貼付ける。かなり強力にくっついてます。2回路が並列になっているので、計算上は11Wx2で22W。白熱灯換算で176W。最大消費電力32.6W。2500ルーメンくらいはでる予定。回路に余裕がある分、低発熱&長寿命化も期待できます。

IMG_2381.jpg

光学ユニット(夏休みの宿題)と、発光ユニットを、MOS-8という耐熱耐振動エポキシ系接着剤で固定。ブヨブヨしているので、バイクの振動には強いはず。

IMG_2378.jpg

パソコンから引き出した12V電源でテスト点灯。すげー明るいぞ。網膜が少し焦げたみたいです。周囲に光が多少漏れてはいますが、反射板とルーペで光が集光できているのが分かります。

IMG_2379.jpg

天井に映った光束は、ほぼ円形で、放射角度は10度あるかないかくらいに絞られています。バイクの場合、中央を明るく照らしたいのでこれでいいと思う。

IMG_2396.jpg

温度は、30分つけっぱなしにして、室温プラス16度。冷却は思ったよりうまくいっているようです。走ればもっと冷却できるはず。ちなみに、LEDの光は熱をほとんどもたないので、こんなことしても畳が燃えたりはしません。

IMG_2398.jpg IMG_2407.jpg

車部品屋で買ってきたリレーとヒューズを入れて、とりあえずハイビームのパイロットランプ線にリレーをかませました。LED本体は、ショートした場合を考えてバッ直。ヒューズ10Aです。

IMG_2402.jpg

カウルをはずし、ライトステーの下側の平面に両面テープとタイラップで固定。ここなら雨も当たりにくいと思います。さらに、安全のために+12V系は一応カウルの中にぎりぎり入っています。問題は、フロントサスが沈み込んだ際、フェンダーと干渉するかもしれないこと。そのときはまた考えます(多分放熱版が曲がるくらいで済むと予想)。

IMG_2412.jpg

カウルをもどして、こんな感じにおさまりました。横から見ても見えない。こういうステルスな感じが好きです、いかにもつけてます感がなくて。ハーレーとは逆の発想。むっつりスケベなんです。

IMG_2417.jpg IMG_2422.jpg

ロービームでは点灯しません。明るい町中走るのに補助灯いらないので。たぶん普通のバイクにしか見えない。

IMG_2420.jpg IMG_2423.jpg

ハイビームで点灯。ハロゲンの光束が上にあり、LEDがロービームの部分を補っているのが分かりますでしょうか。VTのハイビームは、遠くしか照らしてくれないので、これがありがたいのです。フォグランプとして使うには、光束をもっと横に広げるべきですが、今回はあくまで補助灯(灯火その他)ですので。しかし、そんな事もあろうかと、棒状ルーペも実は買ってあったりします。

IMG_2431.jpg IMG_2432.jpg

早速、夜間走行をしてみました。ハイビームの時暗くなる足下を明るく照らしてくれるのは、とてもありがたいです。ロービームの55Wハロゲンより明るい。特に明かりも何もない真っ暗闇を走る時の安心感が違います。雨の中で、手前の悪魔のマンホールが見えるかどうかは、生死を分けます。電力消費が増えて、停車中は消さないと電圧警告が出るのは想定内。

実際に走行してみたところ、ハイビームでの電源電圧は13.9V。LEDの電圧降下は一定なので、3.9Vが4.3Ωの抵抗にかかり、LEDひとつあたりの電流は約0.9Aと計算できます。つまり13.9Vx0.9Ax2 = 25Wが実際の消費電力です。LEDが消費している分は18Wなので、ワット当たり70ルーメンとすると、2灯で1260ルーメン。これで55Wのハロゲンより明るいんです。夜の走行が楽しみになってしまいましたとさ。

追記:調べたらアマゾンで似たようなの売ってました。LEDプロジェクターフォグランプとして売られていて、5W級とか10W級とか書いてあります(この級の意味がどうしても分からないしうさんくさい)。買った方が安いのは確かですが、作る楽しさが大事なんですよ。

再追記:市販のLEDプロジェクターランプはどうもあまり評判が良くないようです。この手のものは、見た目だけでは分かりませんので、レビュー等を参考に、安かろう悪かろうでご購入される事をおすすめします。

関連記事

タイヤ交換と多賀大社

IMG_2366.jpg

四国ではきつぶしたリアタイヤをバトラックス(BT-45)に交換しました。ブリヂストンかダンロップかしか選べず、工賃やバランス込みで18000円と、そこそこそしましたが、まあ命を預ける物ですからという理屈で。レイトレック風発光装置などもついていますが、そのあたりも気を使ってやってくれました。

そして、タイヤの皮むきついでに、滋賀の多賀大社まで行ってきました。交通安全のお守りでも有名で、フィットで事故を起こした嫁さんの厄落としも兼ねてです。いきなり高速は怖いので、行きは下道をトロトロ。

DSCF2211.jpg

DSCF2212.jpg

バイクは、駅の屋根付き駐輪場に置かせてもらいました。多賀大社までは少し歩きます。ティンバーランドの靴に履き替えて約1kmの道のり。

DSCF2215.jpg

門前町は人気こそ少なかったですが、とても風情のある町並み。途中の真如寺で本堂を見せていただき、阿弥陀菩薩だけでなく、以前多賀大社に祭られていた(昔はお寺と神社は一体だった)沢山の仏様を拝む事ができました。鐘撞き堂の事もお聞きしました。

DSCF2218.jpg

DSCF2220.jpg

これがその鐘撞き堂です。巨大すぎて鐘が見えません。

DSCF2223.jpg

DSCF2224.jpg

御神輿も公開されていました。近くで見るとキラキラです。

DSCF2240.jpg

偶然にも、舞の奉納も見えることができました。天の川を題材にしたとてもあでやかな舞でした。古代人はお酒を飲みながら、こういう舞を楽しんだのでしょうか。

DSCF2246.jpg

DSCF2249.jpg

神社を出たところで、おなかがすいたので多賀そばと紐切り餅をいただきました。おそばはとろろ入りで、出汁が薄味。お餅は2つで100円でした。おいしかった。

DSCF2254.jpg

道ばたにきれいな花が活けてあったりして、とても住みやすそうな街でした。帰りは激混みの彦根城を華麗にスルーして高速へ。でも結局お盆の渋滞に巻き込まれたんですけどね。タイヤはいい感じにグリップするようになりました。

関連記事

四国ツーリング

DSCF2049.jpg

予定通り、四国行ってきました。大阪に前泊して翌日フェリーで徳島へ。

DSCF2051.jpg

こんな船でした。日本は萌えの国と化してます。

DSCF2056.jpg

バイクはVTのみでした。がっちり固定されています。

IMG_2250.jpg

雲の隙間から夕陽が差し込む様子。こういうすごい景色を見ると。神様っているんだなーと感じますね。

DSCF2076.jpg

2時間で徳島に到着。この時点で和歌山は土砂降り。なんとか雨をかわせました。

IMG_2254.jpg

晩ご飯の徳島ラーメンとビール。卵は乗せてませんが、ビールの代わりにご飯と生卵でもいけそうです。とんこつでとてもおいしく、しかも安い。

DSCF2082.jpg

翌日は雨。あれは誰だ?

DSCF2083.jpg

雨の中、正義のために戦っておられました。

IMG_2256.jpg

東横インの朝ご飯。今回東横インには大変お世話になりました。四国東横インにはお遍路さん割引があるのですが、今回は会員割引だけで宿泊です。次回からはお遍路さんとして宿泊しようかな。

IMG_2260.jpg

一番霊山寺に、写経をして持ってきたものをおさめて、無事お遍路さん開始。お遍路さんには、読経したり、御朱印を頂いたりと、作法があるようですが、僕の場合は納経のみでいくことにしました。

DSCF2103.jpg

雨模様から一転して晴天に。革ジャンの裏地を取ってきたとはいえ、とにかく暑い。休まないとバイクより自分がオーバーヒートします。

IMG_2266.jpg

避難した道ばたの喫茶店で食べた日替わり定食。ドライカレーとなすのはさみ揚げ、大変おいしかったです。お味噌汁がかなり薄味でした。

DSCF2106.jpg

この日の次の目的地は、このお寺。八十八カ所とは関係ないです。

DSCF2107.jpg

お花大権現という、もと殿様の側室だった方が祭られていて、安産のご利益があることから、次々とシンボルが持ち込まれ、世界有数のサンプル数を誇っておられます。

DSCF2115.jpg

そしてお花大権現の住職に教えていただいた、楠の巨木のもとへ。

DSCF2126.jpg

この木なんの木、まって、ちょっとでかいですよこれ、ほんとうにでかい。樹齢1000年らしいです。

DSCF2144.jpg

こんぴらさんにも行きたかったのですが、ちょっと疲れが出て、高松へ。これは公園にいた狸のハゲさん。皆になでちらかされて、はげちらかしたそうです。

DSCF2159.jpg

翌日は鳴門の渦潮を見に行きました。この渦の道から、橋の下の展望台に入れます。潮は満ち潮か引き潮の時だと渦が見られるとか。

DSCF2169.jpg

中には何カ所か、こうやって足下を見る事ができる場所が。



引き潮のときは、瀬戸内海(左)から、太平洋(右)へ、潮が流れます。その結果、浅瀬となるこの場所で渦を巻くそうです。

IMG_2296.jpg

鳴門の橋を渡ったところにある、道の駅。謎のゆるキャラがテレビ撮影してました。ここのハンバーガーは、タマネギバーガーです。甘くておいしい。

IMG_2302.jpg

海岸を見ながら、島中央部にあるイザナギ・イザナミ神社へ。イザナギとイザナミは日本の国土を作った神様。先日行った伊勢の月読宮などにも祭られています。お香の産地でもあるそうで、街全体がいい香りに満ちていました。

IMG_2303.jpg

その後、神戸のライダーズカフェPassingに寄りました。グローブがやぶれて親指が出てしまったため、新しい牛革のグローブを購入。会員であることを告げたらウェブ価格で売ってくれましたよ。穴がいっぱいあいているパンチングスキンで非常に涼しい。その後地元ライダーと交流(ウダウダ)しつつ、奥さんと猫のお話をしてきました。この日は神戸の花火大会で、バイクを停めるところも、泊まるところもないという事を聞き、京都を目指しました。高速だとすぐです。

DSCF2200.jpg

翌日最終日は、滋賀の泉神社で旅の無事のお礼をしました。

IMG_2310.jpg

その後、近くの薬草園併設お風呂に入り、池田温泉道の駅で抹茶ラテをいただいてから帰宅。帰宅後にまたもや大雨。今回は本当にうまく雨をかわすことがでました。

IMG_2314.jpg

総走行距離は850kmほど。後になるほど燃費が上がっているのは、入院後あまり乗らなかったせいで、エンジンがなまってしまったのを如実に物語っています。このバイクは乗り続けないとダメです。あと、大阪と京都では、駐輪場が非常に限られてしまいました。大阪ではOCATに、京都では二条駅Vibiに停めましたが、もうちょっとなんとかして欲しいものですね。

20年ぶりくらいの長距離ツーリング。手の手術後でしたが、いいリハビリになりました。

IMG_2234.jpg

【おまけ】今回の旅で一番役に立ったのが、ティンバーランドの折りたたみ靴でした。ブーツはバイクに乗っているときには良いですが、歩くのは大変に苦手。つま先が痛くなります。そこで、持ち運べる軽い折りたたみ靴が重宝します。靴底が外側になるように半分に折り畳んで、ぐるりとファスナーを閉めると、本当に小さくなります。

IMG_2313.jpg

あとは、カラビナでもつけてかばんに引っ掛ければ終わり。とても軽いので持ち運んでも苦にならないのも魅力です。



関連記事
ブログ内検索
ガソリン価格

gogo.gs
天気予報
高速道路検索
プロフィール

habingovt

Author:habingovt
バイク(RZ250R&SDR)をおりて二十余年。仕事で体調を崩したときに、ともだちからVT250Fというバイクを譲り受けました。4半世紀を生き抜いてきたバイクにまたがり、ふたたび走り始めたら、なんだかだんだん楽しくなって、バイクも自分も元気になってきました。目標は、また北海道を自由に走り回ること。いつ倒れるかも分かりませんが、生暖かい目で見守ってやってください。



@habingofit

リンク
最新記事
目指せ北海道(ありがとう北海道編) Aug 14, 2017
目指せ北海道(夕張編) Aug 14, 2017
目指せ北海道(オホーツク編) Aug 14, 2017
目指せ北海道(上陸編) Aug 14, 2017
目指せ北海道(準備編) Aug 14, 2017
VT250Fで目指せ北海道ライブ(ファイル保存編) Jul 17, 2017
VT250Fで目指せ北海道ライブ(実践編) Jul 08, 2017
VT250Fで目指せ北海道ライブ(組立編) Jul 07, 2017
VT250Fで目指せ北海道ライブ(準備編) Jun 28, 2017
川浦(かおれ)渓谷 Jun 11, 2017
最新コメント
カテゴリ別
Thanks for Visiting
Youtube Live
準備中
目指せ北海道ブログショップ
RSSリンク