奥琵琶湖

DSCF1930.jpg

滋賀県の奥地。奥琵琶湖に行ってきました。まずは、米原の泉神社にお参りして、簡単な朝ご飯。ここの清水でいれるインスタントコーヒーは格別です。

DSCF1939.jpg

今回の新しい試みは、発電しながらツーリング。バイクのダイナモで充電できないものに、ヘルメットのBluetoothレシーバがあり、休憩中に充電できないものかといろいろ考えを巡らせて、たどり着いたのがこれ。今後活躍予定です。

DSCF1944.jpg

道ばたに国宝観音像の看板があったので、寄り道しました。十一面観音像として、日本でも屈指の美しさを持つ観音様。戦国時代には地元の村人が土中に埋めて守り通したそうです。ほとんど一本の檜から彫り出された、まさに奇跡の一品でした。住職が丁寧な説明をしてくださったので、いろいろと勉強になりました。

DSCF1962.jpg

そのあと、道の駅マキノ追坂峠でビワマスバーガーを買ってから、メタセコイヤ街道へ。ちょっと構図に凝ってみたり。

DSCF1948.jpg

IMG_2122.jpg


しかし、色気より食い気のお年頃。ビワマスとは琵琶湖の鱒という意味で、要するにフィッシュバーガーです。千切りキャベツが沢山入っていて、大変おいしかったです。レストランが混んでいる時でも、テイクアウトできます。すると、怪しげな警報が。敦賀原発が近いのですね。

DSCF1981.jpg
DSCF1989.jpg
DSCF1987.jpg

その後、湖畔の道を快適に走って、奥琵琶湖パークウェイへ。こういうワインディングを走るとVTがスポーツバイクである事を思い出します。でも、無理はしません。危ないから。

DSCF1997.jpg
DSCF1990.jpg
DSCF2003.jpg

展望台には、大量のバイクが。一体どこからこんなに集まったのでしょうか。下りには、シフトペダルが落ちていたり、事故処理のパトカーが停まっていたりと、殺伐とした雰囲気が。飛ばしたい気持ちを抑えるのも、ベテランの技術のひとつです。景色を楽しみつつ、のんびりとがツーリングの基本です。

IMG_2125.jpg

展望台の売店で買った桜ソフト。本当に桜の葉っぱが練り込んであり、桜餅の味。おいしかったけど、ピンぼけ。岐阜に近づくにつれ、気温はどんどん上がり、気温は32度に。革ジャンでの体感は40度を超えてましたね。時間をシフトさせて、早朝/午前中ツーリングに切り換えよう。





関連記事
スポンサーサイト

オイル交換

走行距離が20000kmを超えて、高速道路で高回転まで回し続けたエンジン。オイル換えてコールが出ていましたので、いつものG2に交換しました。今回はフィルター交換なし。

ラチェットハンドルが壊れていたため、ついでに2000円のハンドルを購入。首振りと長さ調節付きのやつです。これまで使っていたセットものよりしっかり力がかかります。




関連記事

天竺温泉と五箇山集落

先週は南に行ったので、今週は北へ。あまり計画性のない旅です。ネットをグダグタ見ていたら、富山に天竺温泉というなんだかいいことがありそうな温泉を発見しました。距離にして片道180kmほど。

準備をして、高速道路に乗って、五箇山インターを下りたらもうお昼でしたので、とりあえず開いている定食屋へ。

DSCF1818.jpg

くま丼、、、なんか最近くま○んといううっとうしいキャラクターがはびこっているので、ここは食ってやるかと入ってみました。中には地元のおじさんとカップルが一組。メニューにはキジやらハクビシンやら、いかにも捕ってきた系の動物ばかりが並んでいました。1000円という事でくま丼を注文。

IMG_2101.jpg

薄切りの熊肉が沢山はいっていて、ごぼうとよくあっていておいしかったです。若干熊っぽい臭いも。マスターに聞いたら、やっぱり地元で捕れたものだそうです。今の時期は熊が捕れる。冬の間はイノシシだそうです。キツネを捕まえたつもりが死んだふりされて逃げられたとか、なんか日本昔話の世界。

DSCF1820.jpg

時間がないので、先を急ぐと、新山の神トンネルというすごい名前のトンネルの先に、村がありました。利賀村です。この荘厳な建物は、なんと消防団詰め所。どう見ても元は神社かお寺だったと思われます。

DSCF1824.jpg

でも、ちゃんと書いてあるから間違いないのです。

DSCF1830.jpg
DSCF1829.jpg

そして、天竺温泉到着。宿泊施設もあって泊まりで湯治ができそうです。泉椿魚という画家/作家さんの無料美術館もありました。この人、九州からイヌをともなってホームレスになって日本海を北上しているらしいです。

DSCF1834.jpg

温泉は、アルカリ泉ですね。硫黄分が多いかな。湯の花がいっぱい浮いていて、お肌ツルツルタイプです。

DSCF1843.jpg
DSCF1847.jpg

閉鎖されていると思われる小学校は、今は事務所として使われていました。

DSCF1850.jpg
DSCF1853.jpg

ここも、はっきり言って落ちたらそれまでという感じの崖が続きます。山の神トンネルは、本当に神様と会話している気分になるトンネルでした。

DSCF1865.jpg
DSCF1868.jpg

日が暮れる直前に、五箇山の合掌造り集落に到着。やっぱり田園は夕陽が似合います。

DSCF1880.jpg

閉まる直前の売店で、ソフトクリームを買いました。こってりミルク味でおいしい。

DSCF1893.jpg

SAで夕焼けを撮影。雲がすごい。

DSCF1837.jpg

最近、新型バイクが増えて、なんか見た事の無い「謎バイク」として、好奇の目で見られる事が多いVTくん。NSRくらいからは多少知られているんですが、この世代はもはや見る事ないですね。まだまだ頑張ろうと思います。

関連記事

ペットとツーリングという夢

maxrastus.jpg

僕は、ほんの1ヶ月だけ黒猫を飼っていました。道端に捨てられていたボンベイ種です。なかなか引き取り手が見つからなくて、いっその事一緒に放浪しようかと思ったこともあります。

ペットをバイクに乗せるという発想は新しくありません。ペットの気持ちは、飼い主と楽しい時を過ごしたい、でも怖いのはちょっといや。ペットをより安全に、不安にさせることなく、運んであげられたら。

猫は、狭くて暗いところは結構大丈夫。というかむしろ好き。楽しいことがあるならばもっと。ということで、こういうバッグで背負っていくのはどうかなと、想像力ふくらませています。いつか、猫を飼って、一緒においしい魚を食べに行くのが夢です。

31047_6.jpg
31047_b.jpg

★56nyanさんのところの説明がとても分かりやすいです★



関連記事

浜名湖ツーリング(初めての静岡)

DSCF1755.jpg

梅雨の晴れ間に初めての静岡を体験しようツーリングに行ってきました。高速道路に乗る前に、iPhoneホルダーのゆるみに気づいて、路上修理。まあ、バイク旅の風物詩ですな。そのあと、守山PAにて確認のために停車しているところの写真です。まだ、多少ぐらついているので、少し取り付けを考えた方がいいかもしれません。

DSCF1757.jpg

停まったついでに、早めのお昼を食べながら、続行するかどうするか思案。古いバイクで小さな故障はあたりまえの法則に従って、身の危険を感じたらすぐに取りやめるという条件で続行決定です。

DSCF1759.jpg

豊川稲荷にちなんだ狐様。かわいらしいですね。

DSCF1761.jpg

そして、浜名湖SAに到着。Fuji XP150は多少の曇り空でも、きれいに撮れるなー。

DSCF1767.jpg

この後通る予定の橋です。高速だと一瞬で終わってしまいました。バイクだと落ち着いて景色見られませんね><。

DSCF1770.jpg

浜名湖餃子(肉多め)。浜名湖で作った、普通の餃子の王将系の餃子でした。そして普通においしかった。

DSCF1772.jpg

ここのSAは湖に飛び出した公園みたいになっていて、いろんな景色を見る事ができます。花壇もよく手入れされていてきれいでした。

DSCF1780.jpg

高速道路を降りて、地図を見ながら湖岸を走っていたら、「熊野神社」の鳥居マークを発見。しかし、なかなか神社に行き着かず、民家に迷い込んだら、怖そうなおじいさんが出てきました。素直にあやまって、神社を探している旨を伝えたら、丁寧に教えて下さいました。とてもきれいなしめ縄がしてあったのが印象的で、古くから地元のひとに愛されてきた神様だと感じました。

DSCF1789.jpg
DSCF1793.jpg

山裾の境内には、この土地ならではの様々な樹が植わっていて、それぞれがオーラを放っていました。そして、ここからは、眼下に人々の生活が一望でき、あーここに寄ってよかったなと元気が出ました。

DSCF1798.jpg
DSCF1799.jpg

帰り際には、大きな野生?の琵琶の木がいっぱい実を付けていて、帰りに寄ったSAで売っていた信州トマトジュースが、またおいしかったです。

そして、、

DSCF1803.jpg

ついに、、、

DSCF1804.jpg

20000km達成!ちょうどトンネルの中でしたので、その前後のみの記録です。

だいぶ旅のほこりが着いてきたVTですが、まだまだ元気です。というか、もらったばかりの時に比べて元気になっている気もします。これからも、いろいろなところへ連れて行って下さい(合掌)。

【送料込】信州トマトジュース 190g×30本

【送料込】信州トマトジュース 190g×30本
価格:3,200円(税込、送料込)

帰り道に飲んだトマトジュースが、思いのほかフルーティーでおいしかったので、調べたら通販でも買えるようです。今年のお中元にいいかもしれないなと感じたのでリンクをば、、。ちなみに冷え冷えで一本150円で売ってました。




関連記事
ブログ内検索
Youtube Live
走りながら動画配信をやっています。まだまだ修行中。
ガソリン価格

gogo.gs
天気予報
高速道路検索
プロフィール

habingovt

Author:habingovt
バイク(RZ250R&SDR)をおりて二十余年。仕事で体調を崩したときに、ともだちからVT250Fというバイクを譲り受けました。4半世紀を生き抜いてきたバイクにまたがり、ふたたび走り始めたら、なんだかだんだん楽しくなって、バイクも自分も元気になってきました。目標は、また北海道を自由に走り回ること。いつ倒れるかも分かりませんが、生暖かい目で見守ってやってください。



@habingofit

リンク
最新記事
Raspberry Pi3によるYoutube Live配信システムまとめ Oct 05, 2017
右ハンドルスイッチ、スロットルケーブル、グリップ交換(Part2) Sep 23, 2017
右ハンドルスイッチ、スロットルケーブル、グリップ交換(Part1) Sep 23, 2017
温見峠で動画を撮ってきた Sep 10, 2017
シフトポジションメーターの復活とバックモニターテスト Sep 09, 2017
北海道めし Aug 27, 2017
目指せ北海道ライブ(いつもの道を配信しながら走ってみた) Aug 27, 2017
目指せ北海道ライブ(カメラ設置編) Aug 26, 2017
LEDヘッドライト Aug 20, 2017
目指せ北海道(ありがとう北海道編) Aug 14, 2017
最新コメント
Thanks for Visiting
カテゴリ別
月別アーカイブ
RSSリンク