フロントブレーキスイッチ

IMG_1145.jpg

以前分解していい加減に磨いて復活していたフロントブレーキのスイッチが、またつかなくなっていました。接点式のスイッチの限界ですね。もう一度磨いて組み立ててはおきましたが、またすぐにだめになりそう。

このパーツは汎用品のようなので、機会を見て買いましょうか。でも結構高いです。





関連記事
スポンサーサイト

大手バイク販売店のひどい対応?カタナを返せ〜

某バイク販売店チェーンがネットで炎上中です。

きっかけは、スズキカタナ(最終モデル)の車検を依頼したところからはじまります。店から車検場にてたちごけし、車両を破損してしまったという連絡。しかし、実際にはもっとひどい事故であり、車検場内で乗車中に転倒、そのままトラックに突っ込んだらしいです。警察も来るくらいの事故。

その後の対応も、とてもちゃんとした企業とは思えないものだったそうです。店側は、車両購入代金の返金を提示。しかし、その後経年劣化を理由に弁財額を引き下げ、さらに自社の責任において破損したパーツの弁財も拒否。弁護士を立てての交渉を一方的に提案。

えーっと、会社としての対応は大きくは間違っていないと思いますが、せまいバイクコミュニティーの中のこと、あっという間にネットで話題になるのは予想できますよね。それによる損害額って、すごいものになっているのではないかと、、、。

被害者のブログ

関連記事

VTR-F



ホンダからVTR-Fが発表されました。明日(14日)から発売。

20130214_VTR-F_3b.jpg
IMG_1230_20130214073506.jpg

あえて、比較してみました。これが、1984年式と2013年式の違いです。

車両重量 167kg 164kg
エンジン MC08E MC15E
最高出力  40ps 30ps
最大トルク 2.3kgm 2.2kgm
燃料供給 キャブレター式 FI
タンク容量 14L 12L
減速比 (1速) 2.562 2.733
減速比 (6/5速) 0.965 0.965

思っていたほど変わっていないですね。重量はわずか3kgしか違いません。デザインのおかげでより軽く、猫科的な印象。ハンドルの前に隙間があいているのは、ナビやETCで埋めるととてもしっくりきそう。エンジン下にあいた空間もアンダーカウルでカスタマイズしてくれと言わんばかりです。燃費とタンク容量のバランスもいい感じ。何よりも、変に安く作っていないところが好印象。僕的に一番大きな違いは、、、カウルミラーの位置が良くなってみやすそうなところ。そうか、ここに持ってくればいいのか!

関連記事

コネクタ焼損

IMG_1560.jpg

どうも電圧が下がり気味だったVT君。寒いせいだろうと思い込もうとしたのですが、どうしても気になって、配線を一通りチェックしてみました。このコネクタはACジェネレーターから来ている3本の黄色い線をつないでいるものですが、、、

IMG_1562.jpg

死んでます。完全に溶けてます。もらった時に、コネクタが一つ焼けていると聞いてはいたのですが、どうしても外れないためチェックしていなかったやつです。溶けて固着していたため抜けなかったのを、ドライバーでこじってむりやりはずしました。

IMG_1575.jpg

こうなってはどうしようもないので、切り取って、オートバックスでエーモンの平型コネクタを買ってきてつなぎました。

IMG_1574.jpg

あっさり電圧回復。ヘッドライトを点けるとさすがに11V台まで落ちますが、なんとか持ちこたえます。心無しか、、、いや多分ヘッドライトが明るくなりました。

IMG_1579.jpg

結局は、3本の線のうち1本が接触不良で発火し、コネクタを溶かして死んだという結末。生きている2本で、3相では無く1相の交流をせっせと供給してなんとかもっていたというわけです。電力量として1/3しか出ていなかったために、アイドリングでは電圧が落ちたということ。それでも問題なく動いていたのですから、それだけ余裕をもって設計されているのですね。昔の機械はつくづくすごいなと思います。

関連記事

デイライトっぽいナニカ

IMG_1553.jpg

バッテリーの電圧を測ってみたところ、12.7V以上あって問題ないです。充電器にかけてみても、90%以上を指します。ということは、、、、寒すぎるんです!外気温2度とかの中で、走るのがいけないんです。実際昼間ならポジションランプやらなんやら点けても12V以上を維持しています。でも、夜間5度を切るような環境では、ブレーキランプ23Wとウインカーランプ23Wx2、ましてやヘッドライト55Wは容量オーバー。という事で、バッテリー問題は「寒い日の夜は乗らない」で解決。

IMG_1558.jpg

それと、カウルの中で青く光っていた薄型の横照射LED(エーモン1875)を、カウルとフェアリングの間にはさんで、デイライトっぽくしてみました。非常に薄くて小さくて、しかも横方向に光をだしてくれるので、両面テープを付けても狭い隙間に挟み込んで光らせることができます。ちなみに、フェアリングをとめる特殊ネジを一本なくしてしまって、フェアリングが浮いてしまっている事とは関係ありませんよ、たぶん。デイライトは赤、黄、橙以外で、しかも直接光源が見えなければ、おそらく無問題。アルミテープで反射板を作ればもっと明るくできるでしょうが、そのあたりは自己責任で。この製品は連結する事で、いろんなアレンジができそうです。

IMG_1583.jpg

IMG_1585.jpg

昼間はあまり目立ちませんが、夜はきれいに光ってみえます。信号停止中や右折待ちの時の被視認性アップになればいいな。



関連記事

ステムベアリングを交換してから熱田神宮と名古屋南海部品に行って来ました

impex-mall_0025-h0604-ipx24.jpg
突然ですが、ステムベアリングを交換しました。お正月過ぎあたりから、急に取り回しが重くなってきて、ハンドルのセンターでかくっと引っかかる感じがありました。その後症状はどんどんひどくなり、ハンドルを切るためにこじるような力を加えないとならなくなりました。古いバイクのステムベアリングはボールがいっぱい入っているタイプ。これは力を点で受けるため弱いです。そこでテーパーベアリングという線で受けるタイプに変更することにしました(最新型は面で受けるアンギュラーボールベアリングというのもあるそうです)。VT250FEに合うのは、IMPEXで売っているKIWAMI ステムベアリング FOR ホンダ H-CB400F用です。上下のベアリングセットと謎のワッシャーが2枚入っていました。5700円。純正品は上下合わせて4000円くらいで手に入るそうなので、それに比べると高いですが、寿命は倍以上あるでしょうし、品質も日本製で良さそうです。

取り付けは、知り合いのガレージを貸してもらう事も考えましたが、久しぶりにETCの取り付けを頼んだホンダドリームに相談してみました。バイク屋さんとお話するのは楽しいです。そしたら、ベアリングだけではなくてダストシールとワッシャーが、下のベアリングを外す時に壊れてしまうので必要とのこと。工賃とパーツ代込みで14000円。フロント回りを全部おろす事になるので、この工賃は妥当です。問題は自分でやって出来ない事はないけれど、フロント回り全般に不安要素がいくつかあるのを一緒に見てもらえる事が期待できるので、お願いする事にしました。

修理は2日で終わりました。取りにいってみると、バーグラフタコメーターやらLEDやらいろいろ付いているのに、きちんともとどおりにしてくれていました。交換は「まあ普通」だったそうです(笑)。フロントホイールを支えている右側フォーク先端部の部品が前後逆についていたのと、アクセルワイヤーを少しゆるめて遊びを作ってくれていました。

ハンドルの調子は、、、もう乗る前からはっきりしていました。取り回しがものすごく楽。ハンドルが回るって、こんなにすばらしいものだったのかとひとしきり感動です。乗っていても、路面のギャップを拾ったり、段差にハンドルを取られてもこわくない。コーナーでも寝かせた分だけちゃんと曲がっていく。今まで相当無理して乗っていたようです。交換して良かったー。でも今月のお小遣いはもう使い果たしてしまった。

IMG_1545.jpg

うれしくなったので、名古屋の熱田神宮まで行って来ました。名古屋高速は割引がしょぼいから使わない。熱田神宮さんは、信長などの武将とのつながりが深くて、お仕事がうまくいきますようにとお願いをして来ました。これからしばらく正念場なのです。生まれて初めて仕事守をいただきました。

IMG_1547.jpg

熱田神宮には、神様が宿っていそうな木が沢山ありました。このクスノキは幹がくぼんでいて、近づくとそっと抱かれているような気分になれます。なんとなく肩の力が抜けて、軽くなりましたよ。

名古屋と言えば南海部品。店にやってきていたのは、大きなバイクばかり。でも店の中にはヘルメットがずらーっと並んでいて、いくつか見ているうちにえらく軽いのを発見。

aeroblade3.jpg

カブトのAeroblade-IIIというやつらしいですが、ちょっと欲しくなっちゃったよ。でも25000円は来月以降にならないとだめですね。本当に軽くて、これならフルフェイスでもいいかなと思わせるものでした。いや、ホームセンターの安物で我慢している僕にとっては、どんなヘルメットもいいなーと思っちゃうんですけどね。

IMG_1552.jpg

ヘルメットが買えない代わりに買って来たのがこれ。ナンバープレートを付けているネジと交換して、荷かけフックにするやつです。強度は期待できませんが、ネットをかぶせるときなどに重宝するはずです。どんどんツーリングが見えて来ましたねー。

IMG_1542.jpg

あと、関係ないですが、自作スピードメーターで新幹線に乗って、無事255km/hを達成しました。並走する高速道路のオービスもちゃんと検知していましたよ。この目盛りは1周まわっているので、160+95km/hを指しています。こういうこともあるから、目盛りは追加しておこうかな。

帰りは、スイスイすり抜けもできそうなくらいに操作性アップしていましたけれど、大人しく走って来ました。夜になってレイトレックもどきを点けているせいなのか、無茶な割り込みとかはされませんでした。むしろ、ちょっと関わりたくない的な痛い視線を感じます。バッテリーは、夜間走行時、ヘッドライトとブレーキランプを消せば12.5V位をキープできますが、これらを点けて、さらにウインカーを点滅させたら、11Vを切ってしまいます。明日は電装系も整備しよう。

関連記事

中津川ツーリング(馬籠の宿)

IMG_1498.jpg

今日は天気がよかったので、中津川まで足をのばしました。高速道路を使った200kmツーリングです。一回ガソリン供給トラブルがあってから高速で長距離走るのは躊躇していました。

IMG_1496.jpg

まずは東海環状道から中央道に入り、恵那峡サービスエリアで腹ごしらえ。メンチカツサンドです。できたてでめちゃくちゃおいしかったです。

IMG_1499.jpg

本当は温泉に行くつもりだったのが、どういうわけか馬籠の宿へ。簡単に言うと、昔大名が泊まった宿です。石畳の坂道の両脇に、沢山の宿(旅籠)が並んでいます。

IMG_1502.jpg

こんな感じの宿で、とても風情がありますね。島崎藤村もここを愛して、たくさんの作品を残しています。

IMG_1500.jpg

防火用設備がいっぱい。桶はダミーだと思いますが、昔の雰囲気をこわさないように配慮されていますね。

IMG_1513.jpg

坂の頂上まで行くと、広場に出ます。雲一つない青空。高速からは、真っ白な山並みが見えました。すごくきれいでした。

IMG_1531.jpg

ここは多分昔の水車小屋。今は発電しているみたいです。ここで、豆を挽いたりしていたようです。多分、蕎麦も挽いていたのではないかと。蕎麦を食べたかったけど、メンチカツサンドでおなかが落ち着いてしまっていたため、次回に延期。

IMG_1539.jpg

帰り際に、中津川市街に寄って、栗きんとんを買いました。すやというお店で、今シーズン最後の栗きんとんを買いました。9月1日から節分までの販売のようで、ぎりぎり間に合った感じです。今まで食べた栗きんとんのなかで、一番おいしかったです。甘さと栗の風味のバランスが絶妙。原材料「栗 砂糖」という潔さ。

IMG_1533.jpg

中津川の市街地からちょっとはずれたところで見つけた旭丘神社。山の中に神社や石碑や石仏などが点々と配置されていて、とても神秘的な雰囲気。山の頂上にあった木です。苔の生え方などがとてもいい感じでした。

IMG_1538.jpg

ステムベアリングがへたってしまっている以外は、調子の良いVT君です。相変わらずサービスエリアでは人気者。今日も、VTいいですねーと声をかけてもらいました。大型クルーザーにはかないませんけれど、頑丈なエンジンと大きめのカウルは高速では効果絶大です。ちょっと北海道が見えてきました。

関連記事
ブログ内検索
ガソリン価格

gogo.gs
天気予報
高速道路検索
プロフィール

habingovt

Author:habingovt
バイク(RZ250R&SDR)をおりて二十余年。仕事で体調を崩したときに、ともだちからVT250Fというバイクを譲り受けました。4半世紀を生き抜いてきたバイクにまたがり、ふたたび走り始めたら、なんだかだんだん楽しくなって、バイクも自分も元気になってきました。目標は、また北海道を自由に走り回ること。いつ倒れるかも分かりませんが、生暖かい目で見守ってやってください。



@habingofit

リンク
最新記事
目指せ北海道(ありがとう北海道編) Aug 14, 2017
目指せ北海道(夕張編) Aug 14, 2017
目指せ北海道(オホーツク編) Aug 14, 2017
目指せ北海道(上陸編) Aug 14, 2017
目指せ北海道(準備編) Aug 14, 2017
VT250Fで目指せ北海道ライブ(ファイル保存編) Jul 17, 2017
VT250Fで目指せ北海道ライブ(実践編) Jul 08, 2017
VT250Fで目指せ北海道ライブ(組立編) Jul 07, 2017
VT250Fで目指せ北海道ライブ(準備編) Jun 28, 2017
川浦(かおれ)渓谷 Jun 11, 2017
最新コメント
カテゴリ別
Thanks for Visiting
Youtube Live
準備中
目指せ北海道ブログショップ
RSSリンク