ニャンダ(肉球ホンダ)ステッカーを作ってみた

IMG_1200.jpg

タンク交換をして、HONDAマークが失われてしまったVTです。このままにするのもアリかと思いましたが、しかし、HONDAのゴツイロゴがあってのVT250Fです。で、作ってみました。

IMG_1203.jpg

古いタンクのロゴをデジカメで撮ります。文字の高さはものさしで計測。この写真をイラストレーターに取り込み、文字の周囲をトレースします。直線が多いので楽です。写真が歪んでいるところは、脳内補正します。それにしてもこれほど奇麗なタンクに穴があいてしまうとは、しかも3カ所も。

出来上がったファイルをアウトライン化して、切文字本舗というところに注文しました。スタンダードの赤です。失敗したときの事も考えて2枚注文。送料込みで1061円で済んでしまった。安い!

で、翌々日にはもう届いてしまいました。はや!ステッカーは、アメリカのORACAL製でした。屋外で5年もつらしいです。2枚あるから10年?

IMG_1228.jpg

ん?何か違和感がある?はい、あそびました。Oの中が肉球になってます。一応猫型の肉球ですが、犬好きの人には犬に見えるようです。

タンクをカーシャンプーで洗った後、アルコールで脱脂。埃がまじらないようにきれーにしてから、霧吹き(100均)を使って、台所洗剤をちょこっと(約0.1%)含んだ水をたっぷりかけます。ステッカーにも軽く水を吹いてから、ぺたり。

IMG_1218.jpg

位置合わせしたら、窓ふき用のヘラ(これも100均)で、水を外に向かってかきだし、密着させます。そのまま3時間ほど乾燥です。エンボス加工の貼付け用シートがついていますが、かなり厚手なので、乾くまで結構かかります。今日は天気がよかったので3時間でしたが、半日くらい必要な事もあるみたいです。

IMG_1222.jpg

ある程度乾いたら、ゆーーーっくり、慎重にはがしていきます。Nが難しかった。タンクからステッカーが浮いてしまう場合は、まだ乾燥が足りないです。もうしばらく放置しましょう。

IMG_1223.jpg IMG_1227.jpg IMG_1230.jpg

そして、、、完成ーーー!!!! ニャンダのVT250F。遠目には分からないワンポイントカスタムです。色が若干濃いめに見えるのは、たぶんもともとのステッカーが退色しているせいですね。

傍目から見たら、「いい歳して何考えてんだよ、このおっさんorz」 という感じでしょうが、男は遊び心を失ったときから老いていくのです。これこそ真のアンチエイジング!

IMG_1231.jpg

オマケ

Rider's Cafe Passingさんの黒猫ステッカーを送ってもらったので、ヘルメットにぺたり。ドライヤーでやわらかくしながら貼りました。来年あたり、四国を回った帰りにでも寄らせてもらおう。

関連記事
スポンサーサイト

ゴジラロック

現在ワイヤーロック2本体制で盗難対策しているVTです。しかし、1本壊れてしまいました。見た目はごついが中身はヤワで、簡単に言うと柱に巻き付けたままはずせなくなりました。いくら査定ゼロのバイクとはいえ、骨董品的な価値はあるわけですし、盗まれたらやっぱり悔しいですしで、近所のマニアックな自転車屋に行ってきました。

僕のバイクの何倍もする超高級自転車も扱っているだけあって、沢山おいてありましたよ>ワイヤーロック。で、勧めてくれたのがゴジラロックというやつ。みかけに比べてずっしりと重たく、焼き入れしたワイヤーの上からスチール管がかぶせてあって、のこぎりとか普通の工具ではすべってしまって切りにくいという物です。

しかも、葉書を送ってから1年間にカギを壊されてバイクが盗まれたら、250ccバイクの場合は5万円のお見舞金が出るというおまけ付き(ただし現場に壊されたカギが残されていて、その壊れたカギと交換という条件付き)。早速葉書を出しておきました。

交換したタンクも問題ないようですし、来年は北海道、、、いやちょっときつそうだから四国あたりから始めようかな。



関連記事

自作iPhoneアプリ「Takometer」とPICバーグラフタコメーター

IMG_1208.jpg

以前作っておいたPICバーグラフタコメーターと、iPhoneの自作スピードメーターアプリ(Takometer)を、VTにセットしてみました。写真では分かりにくいですが、タコメーターは基板がむきだしだったのを、部品実装部分だけをアクリルでカバーしました。

IMG_1209.jpg IMG_1214.jpg


Takometerはちょっとだけバージョンアップして、現在地の気温を表示するようになっています。Webの情報をお借りしているために、公開は未定です。



アプリはGPSを使って速度を表示。左下には現在の中部〜近畿のレーダー情報と、進行方向、現在気温(気象台発表)を表示し、オービスが1km以内に近づくとアイコンを表示して知らせてくれます。メインスイッチでタコのオープニング。ポジションランプに連動して青色LED点灯です。古いバイクのコックピットに最近の技術が凝縮?されています。若干やりすぎな気もしますが、、、。

関連記事

VT250F:タンク交換で復活

IMG_1185.jpg

タンクに穴があいてから2ヶ月。某オークションサイトでタンクを探しつづけて、ようやく落札できました。タンク脇のステッカーがないために、出品者もVT250FEのものかどうか?マークだった品物ですけど、飽きるほどタンクをおろしたり付けたりした経験から、間違いなくFEのものと確信。即決で落としました。出品者が良い方で、翌日夜には到着。見ての通り、若干小傷はありますが、注意書きステッカーもあり、程度は良いです。ステッカーのあとがまったく見えない事から、塗装はプロが塗り直した可能性もあります。

IMG_1183.jpg

写真がちょっとアレですが、裏面にも錆びは無し。

IMG_1186.jpg

給油口から覗いても、入り口付近以外には錆は見当たりませんでした。塗装が剥げているところはタッチペンで補修。タンク内部にはうっすらと砂埃が積もっていました。表面は白っぽいコーティング(亜鉛?)。

IMG_1175.jpg

IMG_1176.jpg

このタンク、燃料コックとホースまで全部ついていました。中はだめだろうと思ったら、ごみもなくピカピカ。ストレイナーの状態を見ても、一部変色はありますが、メッシュはほぼ真っ白でした。どうやらほとんど使用されないままに、乾燥状態で倉庫で眠っていたようです。コックの裏にクモが一匹干からびてくっついてました。

これは錆びとりをするとかえって内部を痛める可能性もあると判断して、お湯で洗い、布団乾燥機でしっかり乾かしました。ガソリンを古いタンクから携行缶経由で移し替え。ホースは若干劣化が見られたため、フィルターがついている現在のものと交換です。

IMG_1194.jpg

今回はフィルター内部の空気抜きをしっかりやってみました。これまでは空気抜きをしてもすぐにエアーが入ってしまっていたので、どうなるか楽しみ?です。

(追記)しばらく走ったら、やはりエアーが入ってしまいました。エアーがかんでしまうと、フィルターの通りが極端に悪くなって、キャブレターに充分ガソリンを送れなくなり、ガス欠のような症状が出てしまいます。信号で止まれば回復するのですが、これでは高速道路を使ったクルージングは無理です。そこで、今回タンクが新しくなったのを機に、燃料ホースを今回のタンクと一緒についてきた物と交換しました。燃料フィルターははずします。痛んでいる先端部を1cmほど切って、接続。30kmほどのクルージングではガス欠症状は出ていません。

IMG_1195.jpg

取り付けて、コンパウンドで軽く磨いて小傷を目立たなくしてから、いつものコーティング保護剤を塗りました。結構ピカピカになりましたよ。うれしいですね。

IMG_1200.jpg


ステッカーが無いと、黒さが強調されてちょっと怪しい雰囲気です。頑張ってカッティングシートで作ろうかな。お正月の工作になりそう。でも、せっかくステッカーがはがしてあるんだから、何か遊んでみたい気もしますな。

関連記事

バーグラフタコメーターの増設

IMG_1151.jpg

あまりタコメーターを見るような走り方はしませんが、エンジンをたまには回してやりたいのと、PICマイコンの勉強を兼ねて、ビットトレードのLEDバーグラフスピード/タコメーターキットを作りました。キットについてきたLEDと基盤はバイクに設置するには大きすぎたので、手持ちの3mmLEDと同梱の小型基盤を使ってコンパクトにまとめてみました。LEDの数は半分の12本+インジケーター。

IMG_1169.jpg

メーター裏からタコメーターにつながる黄色いラインから信号を取り出しました。VT250FEはフルトランジスタ点火で、信号線がつながっている1次コイルにはバッテリーの12Vがかかっています。キットにそのまま入力できました。どうやら、1パルス/1回転っぽいです。確かにハイテンションケーブルから火花が出ていた時に、排気音「トトトト」に対して、火花「チチチチ」でした。基盤はとりあえず両面テープでメーターの上に仮設置。LEDの光をカウルに反射させています。



キーをひねるとオープニングセレモニー。LEDは1つが9Hz (540rpm)で点灯するよう設定(1個飛ばしになっているため、2つめ以降は1080rpmごとに点灯)。アイドリングは1500rpmに設定してあるので、最初は1つ目のLED だけが点灯。少し吹かすと6つ目(約6000rpm)まで点灯。動画には出てきませんが、約10000rpmでインジケータLED(一番右)が点滅し、すべて点灯すると12500rpmになるように設定してあります。レッドゾーンまで回す事は無いので、やや低めにセットしました。実際に走ってみると思ったより見やすいし、シフトタイミングもとらえやすい感じです。PICライタがあればプログラム変更もできます。基盤がむきだしですので、カバーする方法を考えないと、、

関連記事

オイルとフィルター交換

IMG_1162.jpg

さすがに寒くなり雪も降ってきて、ふきっさらしでのバイク整備も限界。今年最後のオイル交換です。前回から1500kmしか走っていませんが、高速道路で燃料供給追いつかずにやばい状態になったりして、ちょっとオイルの状態も心配だったのもあります。ついでに1年もののフィルターも交換(デイトナのやつ)。

IMG_1157.jpg

前回オイル処理箱をどこも引き取ってくれず途方に暮れました。そこで、今回は100均でプラスチックボウルを買ってきました。古いオイルは空き缶に詰めてスタンドに引き取ってもらう予定です。真っ黒けですが、粘りはまだちゃんとありますね。ドレンボルトから抜けるだけ抜いたにもかかわらず、フィルターのハウジングをはずしたら、周囲からクラゲの足みたいにオイルが降り注ぎました。でもボウルのおかげで大事にはならず。

IMG_1160.jpg

フィルターエレメントは真っ黒け。まあ交換時期ですね。

IMG_1164.jpg

VT250FEはフィルターの下にバネとワッシャーが入ります。ワッシャーは古いエレメントに張り付いていました。サービスマニュアルが無かったら捨ててたかも。

IMG_1166.jpg

オイルはいつものG2を2リットル。古いオイルは馴染みのガソリンスタンドで引き取ってもらいました。もちろんこれからもそこでガソリンを入れる事を条件に(笑)。

IMG_1167.jpg

やや少なめに見えますが、ひとっ走りしたら丁度良くなりました。相変わらずエンジンは快調に12500rpmまで吹け上がり、回せばいくらでもいけそう。なんてエンジンなんだ、、



関連記事

フロントブレーキスイッチ分解

IMG_1144.jpg

少し前から気づいていたことですが、フロントブレーキをかけてもブレーキランプが点いていませんでした。リアはちゃんと機能しています。ネットで調べると、スイッチの接点不良が怪しいです。早速取り外して分解。ネジ一本で取り付けられており、ふたはドライバーでこじあけました。本来分解するものではないようです。

IMG_1147.jpg

このスイッチは、レバーが定位置のときにスイッチが押されていて「オフ」。レバーを握ると接点が接触して「オン」になるようです。全体的に汚れていますが、右側の接点が真っ黒けです。接点復活剤を付けて磨きます。

IMG_1148.jpg

接点「は」きれいになりました。他の部分の汚れはとりあえず放置。必要最小限の事しかしないのは性格です。バネの動き等は問題なさそうだったので、、。

取り付けてテストしたところ、見事に復活しました。これでフロントブレーキチョンチョンで、後続車に注意を促す小技が使えます。
関連記事

ほうNinjaとな



Ninja250が来年2月1日より発売らしいです。新型が出るという噂は聞いていましたが、本当に出るんですね。

最近、車の排気ガスがきれいになったおかげで、昔よりはるかにバイクが快適になっている事に、気づいていない人も多いと思います。昔のように顔がすすけた感じになったり、襟元が黒ずんだりが無くなりました。まあ、岐阜は特にそうなのかもしれませんが。

そんな中、250ccクラス復活のきざしか、Ninja250Rがじわじわ売れてきて、ついに新型登場となりましたね。ヤマハは250ccの開発やめちゃったし、ホンダは微妙な低価格路線だし、スズキは相変わらずマイペースだし、、という中でまさかのカワサキ快進撃。250ccクラス乗りとしては、なんとも嬉し楽しい気分。

ヤマハのT-MAXが引っ張ったビッグスクーターブームは、割とあっさり縮んでしまいました。FI搭載で排気も臭くないし、燃費はハイブリッド車を大きく引き離す上に、日本の道路では車より速い(短時間で目的地に着けるという意味で)。車検も無くて一番遊べる250ccクラスが復活してくれるといいなー。RZRは無理だとしても、VTRのカウルバージョンとかSRXとかKatanaとか、懐古趣味でもいいから昔の名車が復活しないかなー。きっと盛り上がると思うんだけど。
関連記事
ブログ内検索
ガソリン価格

gogo.gs
天気予報
高速道路検索
プロフィール

habingovt

Author:habingovt
バイク(RZ250R&SDR)をおりて二十余年。仕事で体調を崩したときに、ともだちからVT250Fというバイクを譲り受けました。4半世紀を生き抜いてきたバイクにまたがり、ふたたび走り始めたら、なんだかだんだん楽しくなって、バイクも自分も元気になってきました。目標は、また北海道を自由に走り回ること。いつ倒れるかも分かりませんが、生暖かい目で見守ってやってください。



@habingofit

リンク
最新記事
VT250Fで目指せ北海道ライブ(準備編) Jun 28, 2017
川浦(かおれ)渓谷 Jun 11, 2017
リヤブレーキチェック Jun 04, 2017
バイクるオアシスパークサンデー May 14, 2017
GW奥美濃ツーリング(到達!走行距離5万キロ) May 08, 2017
速度センサーの基板化 Apr 15, 2017
信楽経由桑名の多度大社参り Apr 10, 2017
下関ツーリング Apr 07, 2017
小倉散策雨模様 Apr 07, 2017
遂にHID化してしまいました Mar 25, 2017
最新コメント
カテゴリ別
Thanks for Visiting
Youtube Live
準備中
目指せ北海道ブログショップ
RSSリンク