VT250F/VT250Zの電気系

VT-haisenzu.jpg

電気系統のトラブルが起きそうなので、あらかじめ配線図をアップしておきます。現在、電圧計の表示は12.8Vですが、前回の交換から5年くらい経っているため、今のうちに交換用のバッテリーを検討中。ユアサのYB9-Bが推奨部品で10000円〜14000円くらいします。他にCB9-Bという互換品があり、2000円前後で買えます。

鉛蓄電池は当たり外れがあり、電極や電解液の品質よりも、日頃メンテナンスするかで寿命が変わってくると思います。補充液は蒸留水を入れれば良く、この季節だと2週間〜1ヶ月に1回はチェックした方が良さそう。

あと、VTのヘッドライトは60/55W、ウインカーランプは前後それぞれ23Wのものが使われており、そこに5WのiPhoneやらLEDやらがまとめて加わると発電が間に合わなくなってきます(電圧が12.3Vくらいまで低下)。信号待ちはヘッドライト消灯(ポジションランプは3.4W)で電圧が回復します。理想的には35WのHIDですが、信用できる安い良品は見当たりませんねー。




関連記事
スポンサーサイト

オイル&負圧ホース交換

先日のツーリングで調子が悪くなってしまったVTです。走行中に止まるのはちょっと困るので、タンクをおろしていろいろチェック。電気系統は特に焼け焦げたところなどなく、様子見することに。エアクリーナーはちょっと汚れているけれど、まだまだいけそう。しかし、キャブレターのエアインテークから燃料タンクにつながる負圧ホースがえらいことになっていました。

IMG_0599.jpg

キャブレター側がまっくろけで、半分溶けたようになっています。熱でやられたっぽい。ホームセンターで耐油性の燃料ホース(内径4mm、外径7mm)を買ってきて交換。ついでにメインの燃料ホースも交換。燃料フィルターにガソリンがスムーズに流れてくるようになりました。

あと、購入時から交換していなかったエンジンオイルを交換。10W40のホンダG2が、ホームセンターで1280円だったのを2本購入。廃オイル箱298円と1Lのオイル差しを一緒に買って約2500円。オイルフィルターは距離を乗っていないため、今回は交換せず。なのでオイル量は1.9Lです。ドレンボルトを緩めたら、それほど黒くなっていませんでした。交換後、オイルの確認窓から見たらきれいな飴色をしていて気分もすっきり。

IMG_0610.jpg

FEのミラーは、後ろについた車(白と黒で上に赤いのがついてたりする)が見えません。そこでサブミラーを付けてみました。真後ろに付いて来ている車が見えるようになりました。2個入りで、1個は予備。フィットにつけようかな。

IMG_0601.jpg

整備ついでに、近所を試運転。マップルで調べたら、なにやら怪しげなクネクネ道発見。

IMG_0608.jpg IMG_0606.jpg

途中、崩れていたりして、すでに自動車が通れる状態ではなく、近所のみなさんのお散歩コースになっていました。次回は歩いてみよう。

PS. オイル1.9Lは多すぎたようで、あとでドレンボルトを緩めて0.2L抜くはめに。どうも地面が水平ではなかったようです。サービスマニュアルを読み直すと、キルスイッチをオフにしてセルを回して、残っているオイルを抜くとありました。さらにバイクが傾いていたせいで、0.2Lくらい残ってた可能性はあります。やってみるといろいろ分かることがあります。実地勉強は大事です。
関連記事

水の底に沈んだものたち

IMG_0584.jpg

徳山ダムです。この場所は2回目ですが、まるでコンクリートを流したような湖面からは、何年経っても違和感は消えません。沈んで立ち枯れた木が、そうさせているのでしょうか。人間の命だけが命じゃない。この湖に沢山の死体が沈んでいることを忘れさせまいとしているようです。

IMG_0565.jpg

ダムには、数えきれない数のツバメが住んでいます。天敵が居なくなったのでしょうか。はたまた、湖の底に沈んだ命が転生したか。ふと気づくと一羽もいなくなっていました。

IMG_0590.jpg

集落が沈んでNTTの基地局もなくなったのか、電波が届きません。マップルナビSが圏外でも使えることが確認できました。

IMG_0589.jpg

地図に載っていない滝。この後、帰り道に白龍の湯に寄ってから帰途へ。電気系統が焼けたような変な匂いと、急にガソリン供給が止まるトラブルが発生。なんとかしないと、、。
関連記事

滋賀県泉神社(日本名水百選)

滋賀県の泉神社に行きました。伊吹山近辺をうろうろしていると、日本名水百選という看板が。荷物の中には、イワタニの新しいストーブとツーリング初期から使っているコッヘル、そしてコンビニで買ったUCCコーヒーセット。これは行かねばなりますまい。泉神社の歴史は古く、天智天皇の時代にまでさかのぼるとか。弓馬の練習場だったようです。山の斜面には、大きな杉が何本もあり、歴史を感じさせます。集落の中は車は入れませんが、豊富な水が水路を通じて各戸に行き渡っているようでした。

IMG_0553.jpg

折り畳みポリタンクを持っていたので、それに水をくんで、人気の無い展望台でお湯を沸かしました。ジュニアバーナーはカセットボンベをつないで、マッチで火をつけるだけ。圧電素子も付いていますが、マッチの方が確実。5分もたたないうちにお湯が沸きました。

IMG_0551.jpg

UCCのコーヒーセットは、昔からのお気に入りです。わき水は伊吹山の石灰岩の中をゆっくり通ってくるため、ミネラルが豊富で甘いです。コーヒーをいれて飲んだら、これがうまい。

帰りは、近所にあった薬草園の中のお風呂に入って来ました。入浴料500円。中は洗い場が5つに浴槽が4つ。花崗岩の一枚岩湯船がありました。伊吹山は古くから薬草が豊富に採れるそうで、建物中が良い香りに包まれていて、高級旅館気分が味わえます。

あとは、テントとシュラフ、マットを積めば旅ができそうですが、VTは積載能力が無いので、キャリアをつけるべきかどうか。
関連記事

ガソリンかガスか……それが問題だ



さて、キャンプに持って行くと便利なものに、ストーブがあります。以前紹介した発電小枝ストーブは国内で買うと20000円以上するので却下。とりあえずコールマンの古いストーブ(Feather Dual Fuel 442)を発掘して、分解してみました。このタイプは使っているときからジェネレーターの調子が悪くて、ガソリンが直に噴き出すことも。現在では完全に詰まってしまったようで、バルブのところからもガソリンが漏れてきて、危ない事この上ない状態。使っている時に火だるまになるストーブはちょっと避けたい。

ジェネレーターを外してみると、ガソリンが噴き出す穴が緑青で完全に塞がっていました。中のワイヤーを引き抜いても、わずかに空気が通る程度。これはもう交換しかないです。アマゾンで売っている互換性のあるものが3780円。



IMG_0548.jpg

IMG_0549.jpg

下のワイヤーのようなものがジェネレーターの心臓部であるノズルにまで達していて、バルブを開けるとこのワイヤーが引き抜かれると同時に空気圧でジェネレーターにガスが送り込まれる仕組みになっています。不純物の多いガソリンを使うと詰まってしまうのはこういう訳です。最近は、ホワイトガソリンが高い(現在1Lで1280円くらい)こともあり、ガス式を考えます。

先の震災で、まず無くなったのがガソリンと電池でした。カセットボンベは比較的在庫が戻るのが早く、現在我が家の備蓄はカセットボンベ中心。なので、イワタニのジュニアバーナーが最有力候補。燃料がどこででも手に入り、3個300円とかで買えるのは魅力です。



関連記事

マップルナビSアップデート1.0.1はやらなくていいかも

マップルナビSがアップデートされました。全部ダウンロードなので「新たに4GBの空きが必要です」。16GBのiPhoneにはちときついですよ、昭文社さん。この時点で心が折れかけましたが、いろいろ消してから、アップデートしてみました。……いまのところの感想は、「アップデートしないでも良かった」です。

アップデート内容は、案内音声がやや大きくなったらしい事。しかし、小さくしようと思って設定の音量をいじると、ミュージックアプリの音量も連動して変化してしまいます。これはあまり意味がないかもしれない。しかも音量を上げたせいか、案内音声が割れて聞きづらくなってしまっています。さらに、音声案内が終わっても音楽再生は再開しないことが(アプリ再起動で直る)。また、検索で、連絡帳から「コピー&ペースト」で住所を貼付けられるようになりましたが、ぼくは連絡帳には電話番号のみで住所を記入していないのであまり意味がない。しかも、電話番号はコピー&ペーストできず、中途半端感は否めません。行き先をマップアプリやブラウザで検索する事が多いので、これらの外部アプリとうまく連携して欲しいです。ということで、このバージョンは1.0.1a(アルファバージョン)であり、バグ取りに協力したい人だけがダウンロードすべきでしょう。

次のアップデートは、電話番号を、連絡帳、マップ、Safariからもコピー&ペーストできるようにしてください。地図のアップデートの時でいいですから……

関連記事

NC700シリーズ開発秘話

ホンダの低燃費/低価格ミドルクラスNC700シリーズが、結構売れているようです。その開発者へのインタビュー記事が掲載されています。

フィットのエンジンを2つに割った話は有名ですが、このエンジンはほんとに振動が無くて静かですね。しかもギアを落として回せばそこそこ楽しい。VTもそうですけれど、ホンダのエンジンは本当に素性が良いというか、正統派と言うか、完成されています。昔、2stに乗っていたときには、とにかくパワーバンドを使って前へ前へ進む感じが好きだったのが、フィットに乗り出してからは、エンジンって回さなくてもいいんだと、素直に思うようになりました。NCの乗り味は、きっとそれに近いものがあるんだろうなと、勝手に思っています。

今の免許制度では大型二輪免許が必要ですが、NCの最高出力は中型並みの50psだし、価格も中型並み、というか、これ一昔前の中型なんですね。今の日本の中型バイクのラインアップの情けなさを見るにつけ、大型二輪を取るべきかどうか悩むところです。

1330130158.jpg

フルオプションでこうなるらしい。もはや原型をとどめていないです。

関連記事

わんおふ〜僕も最初はスクーターでした



ホンダがスポンサーするバイクアニメ「わんおふ」。ニコニコ動画で1話と2話の先行上映を観ました。ホンダが全面的にバックアップしているだけあって、エンジンの音がやたらとリアルなのと、ほぼホンダ車しか出て来ません。車もFIT。

ストーリーは、女子高校生たちが、スクーターに乗る事を通して新しい世界に出会って行く。バイクは大人の乗り物だと思うのです。バイクを通して成長して行く。サーキットを走るようなテクニックがあれば楽しいけれど、日本の道路はそういう走りをする様にはできていません。むしろ、先の読めない危険を回避し、ツーリング先でのトラブルを切り抜けていく中で、自分を守る技術を身につけていく事に意味があると思います。

ソロツーリングでも、愛車と二人旅。轍にはまった愛車を捨てて逃げる事はできません。そういう非日常が、アニメの中でも描かれて行くのでしょうか。楽しみです。
関連記事

LEDをつけてみた(ウインカーインジケーター&カウル内照明)

IMG_0526.jpg

最近、バイクのカバーの中に、いろいろな生物が住んでいます。毎日乗っているのに、どういうわけでしょうか。そういえば、前に住んでいたクモは、いつの間にかどこかに行ってしまいました。

さて、iPhoneを車載した事で、タコメーターが見えなくなったのは、エンジンをレッドゾーンまで回したい衝動を抑えてくれるので良いのですが、ウインカーのインジケータが見えにくくて困っていました。プッシュキャンセルなので、たまにキャンセルし損ねている事があるんです。ウインカーつけっぱなしはいくつになっても恥ずかしいものです。

そこで、抵抗入りの拡散LED(白)を買ってきました。2本入りで300円くらい。エーモンの1911です。

自作しても良かったのですけれど、防水や線材の事も考えると、買った方が安いですね。直射日光下でも見えるように、透明タイプではなく、白色の拡散タイプです。ウインドシールドをはずして、メーターの裏の配線に割り込ませました。オリジナルのインジケータランプに並列につないであります。

IMG_0531.jpg

メーターのステーがうまい感じにU字型の溝になっていたので、そこにはめ込んだだけ。ウインカーを点けると一緒に光ります。とても見やすい。

IMG_0535.jpg

写真の関係で青く見えますが、実際には白です。それと、拡散タイプのLEDは明るくても目に刺さるようなまぶしさはなくて、直射日光下でもよく見えます。しかし夜間はやはり少しまぶしい。何かカバーを付けた方が良いかもしれません。

もう一つおまけに、サイドビューLED(青)もひとつ。エーモン1875。これは、ニュートラルランプ用に買ったのですが、緑じゃないので、カウル内照明にしちゃいました。ポジションランプと連動しています。

IMG_0540.jpg

夜間、カウル内がほんのり青く光ります。電飾はついついやりすぎてしまいますけれど、安全性の面から、直接光が見えず、また赤や黄色といった保安用のライト類と混同する色を使わなければOKとのこと。メーターの視認性を邪魔しない程度に控えめに光らせるのがポイントですね。あくまで自己満足の世界なので、外からはほとんど見えない場所(ヘッドライトカバーの上側)に設置してあります。防水パッキンが少しやれて、ヘッドライトの周辺に隙間が開いていたのを直したので、水は入らないでしょう。合計1000円で、光り物は直接見えるため、ちょっとうれしい。

関連記事

暑いと運転が雑になります

今日は、岐阜駅にバイクを置いて、用事を済ませてきました。駅の駐輪場は、一日240円で預かってくれます。通勤に使っている人も多いようで、ほぼ満車でした。

こう暑いと、交差点で止まるだけで、頭がクラクラします。エンジンの熱気をなんとかしようとちまちまアイドリングストップしていましたけど、バッテリーも暑さでへたり気味だし、効果もあるのかどうか。ただ、エンジンを切ると静かになるので、多少気分的にはマシになります。岐阜バスは、古いディーゼル車も多く、真っ黒な黒煙をもろにかぶりながらの運転になります。道幅も狭いから追い越すにしても、少し無理しないとならない事も。それと今日は、右折しようとしたら、赤信号で突っ込んでくる車が多くて参りました。黒い軽自動車と、高級車は基本ルールを守らないと思っていますが、平日の昼間はシルバードライバーも多いし、気をつけないと。ぶつかったらこっちの負けと言い聞かせながら、何らかの暑さ対策は必要と感じた一日でした。集中力が切れたら死ねそうです。

関連記事
ブログ内検索
ガソリン価格

gogo.gs
天気予報
高速道路検索
プロフィール

habingovt

Author:habingovt
バイク(RZ250R&SDR)をおりて二十余年。仕事で体調を崩したときに、ともだちからVT250Fというバイクを譲り受けました。4半世紀を生き抜いてきたバイクにまたがり、ふたたび走り始めたら、なんだかだんだん楽しくなって、バイクも自分も元気になってきました。目標は、また北海道を自由に走り回ること。いつ倒れるかも分かりませんが、生暖かい目で見守ってやってください。



@habingofit

リンク
最新記事
VT250Fで目指せ北海道ライブ(準備編) Jun 28, 2017
川浦(かおれ)渓谷 Jun 11, 2017
リヤブレーキチェック Jun 04, 2017
バイクるオアシスパークサンデー May 14, 2017
GW奥美濃ツーリング(到達!走行距離5万キロ) May 08, 2017
速度センサーの基板化 Apr 15, 2017
信楽経由桑名の多度大社参り Apr 10, 2017
下関ツーリング Apr 07, 2017
小倉散策雨模様 Apr 07, 2017
遂にHID化してしまいました Mar 25, 2017
最新コメント
カテゴリ別
Thanks for Visiting
Youtube Live
準備中
目指せ北海道ブログショップ
RSSリンク