Honda NC700シリーズ

 

さて、今回もバイクのお話です。PCXあたりから、ホンダがバイクの路線を低価格、低燃費側に切ってきました。NC700Xは、669cc 50馬力のエンジンを積んで、41km/Lの低燃費を達成した上で、価格は65万円からです。エンジンには、多少フィットの技術が投入されているとか。今後もスクータータイプなどのラインアップが増えていくそうです。

バイクというと、自家用車以外に持っているおっさんの趣味の車両というイメージが一般的でした。しかし、子供が手を離れ、フィット君は嫁さんのお買い物車として献上しなければならない、我がおっさん帝国において、最期の牙城が運転免許(普通2輪)なのです。

まずは、幸運にもVT250Fを譲ってもらう事がでました。でも、25年の前のバイクです。いつまで乗れるか分からない。大型2輪を取ってリッターバイクとなると、フィットがもう一台買えてしまう。そのような状況で、NC700Xはかなり魅力的な値段と経済性を提示してきたわけです。そこに、ぼくと同じような境遇にいるおっさんが群がったとしても不思議ではありません。

大型のバイクは、原付に比べて安全です。というのは、バイク乗りとしての経験から、バイクの安全性を高める一番の方法は、目立つ事。大きいバイクはそれだけ目立つので、自分が無茶をしなければ、思ったよりはるかに安全です。自転車しか乗った事のない人は、バイクはこけると言いますけど、バイクはそう簡単にこけません。携帯片手に運転してる車から、見えにくいから危ないんです。となるとNC700Xくらい主張するバイクは、かなり安全という事になります。

さらに、おっさんの運動不足解消にも、バイクはいいのです。タンクを両足でしっかり挟み込むと、バイクは思った通りに動いてくれます。この挟み込むという動作が、普段使わない内股の筋肉を鍛えてくれます。外気や日光に直接触れるのも、常に前に進んでいるという感覚も、肉体的、精神的にメリットがあると思います。

ポルトガルの試乗会?での様子
関連記事
スポンサーサイト
ブログ内検索
Youtube Live
走りながら動画配信をやっています。まだまだ修行中。
ガソリン価格

gogo.gs
天気予報
高速道路検索
プロフィール

habingovt

Author:habingovt
バイク(RZ250R&SDR)をおりて二十余年。仕事で体調を崩したときに、ともだちからVT250Fというバイクを譲り受けました。4半世紀を生き抜いてきたバイクにまたがり、ふたたび走り始めたら、なんだかだんだん楽しくなって、バイクも自分も元気になってきました。目標は、また北海道を自由に走り回ること。いつ倒れるかも分かりませんが、生暖かい目で見守ってやってください。



@habingofit

リンク
最新記事
Raspberry Pi3によるYoutube Live配信システムまとめ Oct 05, 2017
右ハンドルスイッチ、スロットルケーブル、グリップ交換(Part2) Sep 23, 2017
右ハンドルスイッチ、スロットルケーブル、グリップ交換(Part1) Sep 23, 2017
温見峠で動画を撮ってきた Sep 10, 2017
シフトポジションメーターの復活とバックモニターテスト Sep 09, 2017
北海道めし Aug 27, 2017
目指せ北海道ライブ(いつもの道を配信しながら走ってみた) Aug 27, 2017
目指せ北海道ライブ(カメラ設置編) Aug 26, 2017
LEDヘッドライト Aug 20, 2017
目指せ北海道(ありがとう北海道編) Aug 14, 2017
最新コメント
Thanks for Visiting
カテゴリ別
月別アーカイブ
RSSリンク