iPhone4Sのバッテリー交換

ナビ専用で使っているiPhone4Sのバッテリーを交換しました。

このau iPhoneは出てすぐ買ったので、ちょうど4年使い続けています。Life Proofに入れたままの箱入り娘運用で、外側のケースは紫外線にやられてボロボロですが、内部の本体は新品同様。バッテリー交換して持ち歩けば「え、何そのiPhone?かわいい!」と女子高校生にモテモテになるかもしれないという妄想が止まりません。しかもSIM下駄のおかげで格安SIMが使える。購入2年で各種割引が切れ、むしろ値上がりするため、LTEフラットを解除するiPhone5cに比べて、逆に使い勝手が良くなっています。ここらで安いバッテリーに交換しながら、モテモテ運用してもいいのではないかというわけです。



交換手順は上の動画が分かりやすいです。ネジをなくさないように、ついてきたドライバーを磁石にしばらくくっつけて、磁化させておくとやりやすい。

交換したばかりのバッテリーはちょうど50%充電と表示されました。保管状態は良かったようです。ここから一度100%充電したところ、66%から一気に100%に。iPhone側が劣化バッテリー用のパラメータ記憶を保っているようだったので、そのまま2時間電源に接続してから、内部パラメーターをリセット(設定>一般>リセット>すべての設定をリセット)。

この状態からTakometerを立ち上げてそのまま一晩放置。明け方に残5%状態でスリープしていたのをさらに30分ほどかけて放電させ、強制シャットダウンに持って行きます(この操作はバッテリーを劣化させるので1度だけ)。

放電しきったところからもう一度充電。これらの手順を踏むことで、iPhoneが内部に保持していた古いバッテリー用の設定が、新しい物に書き換わるそうです(確信はない)。実際、2回めの充電は途中からいきなり100%に飛ぶこともなく、粛々と行われました。あとはリセットで消えた設定をやりなおしながら、実際に運用してみます。酷暑極寒のバイク上運用ですので、バッテリーは消耗品と割りきって。

次のiOS10からiPhone4Sのサポートがなくなるとかいう話もありますが、最新iOSが使える手のひらサイズのiPhoneとして、まだしばらくは使い続けられるでしょう。




スポンサーサイト

Takometer公開計画

IMG_4721.jpg IMG_4722.jpg

2012年11月から開発を始めたiPhoneアプリ「Takometer」。2年半の歳月を重ね、熟成しきってしまって、このままだと腐ってくるんじゃないかという気がしてきたので、AppStoreで公開しようと考え始めました。

Konashiとの連携などはおそらく認可されないと思うし、バイクや車の機種ごとに異なる車両情報を取り込むのには無理がありますから、機能は簡易ナビ機能つきコンパス程度にまで落とす予定です。

現在位置から全国の道の駅を距離順にソートして、Pickerタイプのダイヤルに表示する機能を目玉に、連絡先アプリからも住所を取り込めるようにします。昨今、ナビアプリは高機能化の一途をたどっているので、こういうシンプルなものが意外性を醸し出すのではと思っています(複雑なものは作れないだけともいう)。

もちろん将来的にはハードウエア連携も試してみたいです。

iPhone4SにSIM下駄はかせてみた

IMG_2626.png

総務省によるSIMロック解除命令を受けて、各社キャリアが対応を発表しました。ほぼ予想どおり、今後発売される機種の一部に限って、購入6ヶ月後からSIMロック解除に応じるというもの。

まあ、そんなことはどうでもよくて、僕にとってはiPhone4Sが今後もロック解除されないことが確定し、また何らかの形でロック解除しても問題無いという状態になったことが大事です。

そこで、SIM下駄というものを購入しました。SIM下駄は、iPhoneのSIMトレイと交換する形でSIMとiPhoneの間に挟まって、SIMロックを無効化するものです。2000円前後で販売されています。

このSIM下駄を使う最大のメリットは、MVNOと呼ばれる格安SIMが使えるようになることです。僕はお付き合いの長いb-mobileのb-mobileSIM ライトプラン(マイクロSIM)というのにしました。月額1274円(税込み)で、3GBまでのデータ通信ができ、使いきったあとも200kbpsでの通信が確保されます。iPhone4Sで使っている自作ナビの通信は、150kbpsでも充分であることがわかっていますので速度が問題になることはなく、むしろFOMAのカバー域の広さがうれしい。

さて、前例があるわけでもないので、手順を記述しておきますね。

(1)SIM下駄にb-mobileのSIMをはめ込んで、iPhone4Sに装着する。厚みが少しある分、少しきついので慎重に。

(2)SIMロックが解除できたという旨のメッセージが英語で出る。黒地なのでなんだか悪いことをしているような気持ちになるけど、別に悪いことはしていない。

(3)数分放置したところ、もう一度上のメッセージと同じような物が出て、その後キャリアがNTT DOCOMOになった。

(4)b-mobileのサイトにある手順にしたがってAPN設定をする。APN構成プロファイルのダウンロードのためにはWiFiにつないでおく。

(5)なぜかデータローミングもオンにしてくださいというメッセージが出たので、従う。下駄のせいでローミング扱いになっているのだろうか。少し引っかかるがとりあえず放置。

(6)WiFiをオフにしても3gで通信ができることを確認。

以上で、無事にiPhone4Sはb-mobileの通信端末として設定できました。

IMG_2629.png

奥美濃の高賀神社のさらに奥の登山口まで行ってみましたが、しっかりつながりました。電波強度が表示されていないのは、音声無しのSIMだからのようです。auは手前の高賀神社ですらx1表示になってつながりませんでした。さすがドコモ。

(追記)初期設定では、インターネット共有ができなかったのですが、設定>モバイルデータ通信>「VISUAL VOICEMAIL」と「MMS」と「インターネット共有」のAPNを、b-mobileに設定し直して、1回航空機モードにしてから戻し、しばらく放っておいたら可能になりました。auのiPhone4Sだとこれができるそうです(参考)。




konashi2.0

BLEプロトタイピングモジュールkonashiがバージョン2になります(ニュース)。

VTをロボット化すべく導入したkonashiですが、BLE経由のシリアル通信(I2C, UART)に弱点がありました。今回、Mpressionのkoshianボードを載せることにより、低価格化(3980円)しながら機能の刷新をおこなうようです。

29597_rMHIqjwkBm.png

デジタル、アナログpinの機能を制限する代わりに、UART通信の機能が大幅に拡張されます。今までパケットあたり1バイトしか送れなかったのが、I2C並みに18バイト送れるようになります。I2Cも送受信間隔が短縮されて安定することが期待できます。

koshianは、単体なら1000円ちょっとで購入できますから、すでに本体ボードを持っている場合はBLEボードだけを交換すればよさそうです。これはちょっとうれしいかも。

Google Glassesを超えるスマートサングラス

Recon Jet: The Ultimate Triathlon Device from Recon Instruments on Vimeo.



GPSもBluetoothも内蔵して、目の前の空間に様々な情報を描き出すスマートサングラス。もちろん、ヘルメットと組み合わせても使えそうです。こういうのできると、もうナビとかメーターいらなくなりそう。

この製品を計画しているのは、Recon Instrumentsというベンチャー。他にも、HUD付きのスキーゴーグルなどもあるようです。このデバイスをキットとして売ってくれるとうれしいなあ。

ブログ内検索
ガソリン価格

gogo.gs
天気予報
高速道路検索
プロフィール

habingovt

Author:habingovt
バイク(RZ250R&SDR)をおりて二十余年。仕事で体調を崩したときに、ともだちからVT250Fというバイクを譲り受けました。4半世紀を生き抜いてきたバイクにまたがり、ふたたび走り始めたら、なんだかだんだん楽しくなって、バイクも自分も元気になってきました。目標は、また北海道を自由に走り回ること。いつ倒れるかも分かりませんが、生暖かい目で見守ってやってください。



@habingofit

リンク
最新記事
目指せ北海道(ありがとう北海道編) Aug 14, 2017
目指せ北海道(夕張編) Aug 14, 2017
目指せ北海道(オホーツク編) Aug 14, 2017
目指せ北海道(上陸編) Aug 14, 2017
目指せ北海道(準備編) Aug 14, 2017
VT250Fで目指せ北海道ライブ(ファイル保存編) Jul 17, 2017
VT250Fで目指せ北海道ライブ(実践編) Jul 08, 2017
VT250Fで目指せ北海道ライブ(組立編) Jul 07, 2017
VT250Fで目指せ北海道ライブ(準備編) Jun 28, 2017
川浦(かおれ)渓谷 Jun 11, 2017
最新コメント
カテゴリ別
Thanks for Visiting
Youtube Live
準備中
目指せ北海道ブログショップ
RSSリンク