LEDヘッドライト

IMG_4558.jpg

北海道でレギュレータがいかれた原因に少し心当たりがあります。ツーリング後半は、雨や霧が多くて、ヘッドライトを点灯したままずっと走行していました。僕のつけたHIDは、少々消費電力が大きく、70Wくらいありました。これがレギュレータに高い負荷をかけ続けた可能性は否定できません。

そこで、以前より目をつけていたLEDのバルブを思い切って購入しました。写真のように、ハロゲンのH4バルブに合わせて小型の高輝度LEDチップを並べたものです。

IMG_4557.jpg

真ん中の細長い仕切りの両側、Lo/Hiのフィラメントの位置に、LEDチップが並んでいて、Lo側にはちゃんと遮光板もついています。これなら、ほぼ間違いなくハロゲンとよく似た配光が出るはずですね。

IMG_4548.jpg

電流の制御系は別の箱の中にあるようです。CCR素子かなにかが入っているのでしょう。流れる電流が小さい分、コンパクトですね。

IMG_4546.jpg IMG_4609.jpg

電流は、12Vで1.75A。消費電力20〜25Wといったところ。自作プロジェクターランプより少し大きめです。装着時の色は、HID同様白になりますが、わずかに黄色がかっている気がします。

IMG_4561.jpg

取り付けには少し苦労しました。放熱板がVTのカウルステーと干渉するので、反対向きにしてゆっくりねじ込みました。防水用のゴムが結構邪魔なので、無理してつけなくてもいいのかも。この時、バルブ側面についている配光調整用のネジがゆるいと、バルブがぐるりと回ってしまい、トンデモナイ方向を照らしたりします。でも、何度かつけたりはずしたりしているうちになんだかコツが分かってきて、割とすんなり取り付けられるようになりました。

IMG_4603.jpg IMG_4606.jpg

配光は、予想通りとてもきれいです。ハロゲンよりいい感じすらします。夜間走行でも、Loはきっちり手前を照らし、Hiは遠くまで見通せる感じで、とても気に入りました。あとは寿命がどのくらいあるかですが、2個入りで6000円で、予備が1つあるので、HIDよりはかなりお買い得ですね。



スポンサーサイト

遂にHID化してしまいました

DSCF7041.jpg

ごめんなさい。私は心の弱い男です。ついに誘惑に勝てず、HID化してしまいました。だって、LEDプロジェクタがいなくなって寂しかったんだもん・・・

DSCF7005.jpg

品物はワールドウォークという国内パーツメーカーのものですが、まあ某大陸系の品物だと思われます。1万円以下で買えます。

DSCF6999.jpg DSCF6995.jpg

まずは、H4のハロゲン球とサイズ比較。バーナーのセンターはハロゲンのHiフィラメントとほぼ一致。スイング式なので、ハイビームだと光源位置が下がって光軸が上がる形になります。デフォルトはHi側固定のようです。メーカーによると前後移動するスライド式より振動に強いとか。

DSCF7007.jpg DSCF7015.jpg

手元の12V電源につないで空焚き。しかし思ったよりバラストが熱くなります。電流値を測ってみると5.5A近く流れています。消費電力にすると66Wにもなります。とりあえずこの件についてはバラストの初期不良かもしれないのでメーカーに問い合わせてみます。

DSCF7027.jpg DSCF7040.jpg

取り付けはLEDプロエジェクタを自作するよりは簡単でした。上側の爪の幅が少し広すぎて硬かったので、ペンチで矯正。メッキがもろくてポロポロくずれます。ゴムカバーはちょっときついけれど、うまくはまりました。バラストやリレーなどは取り外しのことも考えて半固定状態です。

DSCF7020.jpg DSCF7036.jpg

まずはロービーム。点灯してしばらくは緑>青>白という感じで色が変化していきます。遮光板が無い構造なので、上方にグレアが出ています。いずれ修正せねば。

DSCF7024.jpg DSCF7033.jpg

ハイビーム。光の広がり方はハロゲンに近いですね。

全体として、消費電力はやはりやや大きすぎると思います。アイドリングで点灯を続けるのはバッテリーには少々きついかも。LEDバルブがもう少し進化するまでのつなぎかな。



(追記)
【実地テスト】
IMG_2670.jpg IMG_2672.jpg

まず、駐車場で光軸を調整後にテスト(左:ロー/右:ハイ)。まあまあかな。

IMG_1089.jpg IMG_1091.jpg

比較のため、こちらがハロゲン+LEDプロジェクタ時代の視界。差は歴然ですね。手前の白い光はLEDのものですが、HIDは一灯で近くも遠くもいけちゃってます。これはうれしい誤算。

IMG_2689_20170325201145adf.jpg IMG_2688.jpg

次に、暗い山道に持ち込んでテスト。ハイビームが結構遠くまで届いているし、ロービームのグレアも思ったほどひどくないです。心配していた電力消費も、バッテリーがどんどんへたっていくようなことはなさそう。



簡易LEDデイライト

DSCF6980.jpg

サイクロプス型プロジェクターランプがそろそろ劣化してきたので取り外しました。その代わりに、簡易的にデイライトをつけてみました。

DSCF6974.jpg

エーモンの3連サイド発光タイプです。基板がむき出しになるので、グルーガンで簡易的に防水してから両面テープで取り付けます。

DSCF6984.jpg
DSCF6991.jpg

点灯は、ウインカー同様にポジション連動にしてみました。歩行者が眩しくないように、配置はやや奥まったところに決定。

DSCF6979.jpg

ウインカーポジションとのバランスも良く、かわいらしい顔つきになりました。相変わらず右直事故が多発していますが、これで多少は対向車への注意喚起が促せるでしょう。



横長LEDプロジェクターランプ(コードネーム:サイクロプス)制作(その3)

DSCF6387.jpg

ホームセンターでみつくろった金具やゴムのスペーサーを使って固定。ここは現物合わせです。カウルと材質が似ているので、レンズがむき出しだった前作に比べると、まったく目立ちません。100均のゴミ箱を違和感無く受け入れるVTって素敵すぎます。

DSCF6397.jpg
IMG_0918.jpg

ポジションまたはロービームで中央の2灯が点灯。前作と同じデイライトとして使用。

DSCF6395.jpg

ハイビームで4灯全部が点きます。照射範囲もややワイドになります。

DSCF6393.jpg

配光はかなり下向きです。フォグランプのように、ヘッドライトより手前を幅広く照らします。走行テストは夜にやってみようと思います。使用条件は夜間の山道を想定しています。

(夜間照射テスト)
早速、だれもいない真夜中の峠に繰り出してテストしてみました。(後日他の駐車場でテストした写真と入れ替えました)

IMG_1088.jpg

ポジション連動でLED2灯のみ点灯。ごく手前のみ照らします。昼間もデイライトとして使用するモード。

IMG_1089.jpg

ヘッドライト点灯。LED2灯。足元から前の車までよく見えます。走っていても安心感があります。

IMG_1091.jpg

ハイビーム。LED4灯点灯。明るさよりも視界の広さがありがたいモード。夜間の峠道などで威力を発揮します。

【結論】 私のVTのハロゲンライト暗すぎ!昔の小僧達は、こんなんで夜中の峠を走り回ってたのかと思うと、背筋が寒くなります。実際に走ってみると、手前を明るく照らすLEDの効果は大きく、安心感があります。タイトなコーナーでは、コーナリングランプ的効果もあって、先が見通せるので楽。特にセンターラインやガードレールが白く浮き上がって、先の様子が読めるのがいいです。

IMG_1078.jpg

(追記)3ヶ月ほど使っていますが、トラブルはありません。雨の中の夜間走行もしました。HIDほどの明るさはありませんが、バッテリーに優しい省電力と、ハロゲンの狭い照射範囲を補ってくれる白い光で、夜間走行時の安心感がかなり上がります。LEDはヘッドライトの置き換えより、補助灯としての利用が適していると思いますね。

横長LEDプロジェクターランプ(コードネーム:サイクロプス)制作(その2)

DSCF6365.jpg

とりあえず、カバーをつけてみました(100均の自動車用ゴミ箱)。見た目がX-menのサイクロプスみたいだったので、コードネーム:サイクロプス。

DSCF6379.jpg

スリットの一番奥に、発光ユニットが収まっています。隙間はとりあえず100均の黒フェルトで覆って、ホコリの侵入と乱反射を防いでいます。水?知らない子ですね。

DSCF6375.jpg
DSCF6381.jpg

発熱が結構あるため、そこらに落ちていた薄型ファンを装着しました。ファン無しだと室温30℃で60℃くらいまで上がっちゃいます。ファンがあれば45℃前後。この状態で12Vをかけて、電流値は1.33A。14Vかかっても20W行かないくらいの省電力設計。

DSCF6358.jpg

カバーをつけたおかげで、余計な方向には光が行かないようになっていますが、対向車への幻惑や、歩行者への迷惑なども考えて、2段階点灯方式を採用。普段は中央の2灯のみ点灯(デイライト)で、ハイビームで4灯全部という感じ。カバーは着脱式で、はずすととんでもないことになるところも、X-menのサイクロプスのオマージュです(謎)。

ブログ内検索
Youtube Live
走りながら動画配信をやっています。まだまだ修行中。
ガソリン価格

gogo.gs
天気予報
高速道路検索
プロフィール

habingovt

Author:habingovt
バイク(RZ250R&SDR)をおりて二十余年。仕事で体調を崩したときに、ともだちからVT250Fというバイクを譲り受けました。4半世紀を生き抜いてきたバイクにまたがり、ふたたび走り始めたら、なんだかだんだん楽しくなって、バイクも自分も元気になってきました。目標は、また北海道を自由に走り回ること。いつ倒れるかも分かりませんが、生暖かい目で見守ってやってください。



@habingofit

リンク
最新記事
Raspberry Pi3によるYoutube Live配信システムまとめ Oct 05, 2017
右ハンドルスイッチ、スロットルケーブル、グリップ交換(Part2) Sep 23, 2017
右ハンドルスイッチ、スロットルケーブル、グリップ交換(Part1) Sep 23, 2017
温見峠で動画を撮ってきた Sep 10, 2017
シフトポジションメーターの復活とバックモニターテスト Sep 09, 2017
北海道めし Aug 27, 2017
目指せ北海道ライブ(いつもの道を配信しながら走ってみた) Aug 27, 2017
目指せ北海道ライブ(カメラ設置編) Aug 26, 2017
LEDヘッドライト Aug 20, 2017
目指せ北海道(ありがとう北海道編) Aug 14, 2017
最新コメント
Thanks for Visiting
カテゴリ別
月別アーカイブ
RSSリンク